地味にスゴイdx 動画 見逃し配信再放送無料視聴フル!2017年9月20日

今回の記事では、ドラマ『地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子』の見逃してしまった分のドラマ『母になる』のオンエア内容を、違法アップロードの動画などではなく、安心して公式・無料に視聴する方法について詳しく解説していこうと思います。

既にこの方法を知っているという人もいるかもしれませんね・・・今回紹介する、とあるビデオオンデマンドサービスを利用すれば、ドラマ『地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子』の動画を安心・安全・公式に無料視聴できます!

ドラマ『地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子』の放送を公式で無料視聴可能なサイト

ウォーキングデッドなどの配信が話題になり、既にHulu(フールー)の存在はご存知かもしれませんが、

Hulu(フールー)は日本最大級のビデオオンデマンドサービスのひとつであり、最新作のドラマや映画、アニメの動画を視聴できるサービスになります!

しかも、Hulu(フールー)にて視聴できる作品数は、なんと8万本以上なのです!

劇場公開終了直後の最新映画に関しても、某TSUT○YAさんなどのレンタルビデオショップでレンタル開始になる前から視聴することができますので、

映画館へ足を運ぶことができなくて、最新作を見逃してしまった人にオススメのサービスです。

さらにさらに、放送中の最新ドラマに関しても、オンエア終了直後のかなり早いタイミングで最新話がアップされていきますから、

録画を忘れてしまったり、学校や仕事で忙しくて見逃してしまったドラマを視聴できるというのもオススメポイントです!

そして、Huluは登録してから14日間は無料で視聴することができるというお試し期間まで付いていますから、安心して利用を始められますよ!

Huluの公式サイトはこちら!

 

ドラマ『地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子』 基本情報~放送日程・放送時間、キャスト(出演者)、主題歌、スタッフなど

  • 放送期間、放送時間・・・2017年9月20日、21時00分~22時54分
  • 出演者(キャスト・ゲスト)・・・石原さとみ、和田正人、菅田将暉、本田翼、江口のりこ、青木崇高、岸谷五朗、木村佳乃、佐野ひなこ

 

ドラマ『地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子』のあらすじ

悦子(石原さとみ)が校閲部から『Lassy』編集部に異動して一年。幸人(菅田将暉)との交際も順調!そんな中、凄腕の新編集長・二階堂(木村佳乃)がやってくる。ベテランスタッフのクビを切るなど冷酷な二階堂に悦子は猛反発し、編集部を追い出されてしまう。そんな悦子を茸原(岸谷五朗)は校閲部に温かく迎える。さらに、幸人の新しい担当編集(佐野ひなこ)の存在に胸騒ぎ。仕事に恋に大ピンチの悦子、一体どうする!?

Huluの公式サイトはこちら!

 

ドラマ『地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子』を無料・安全に見る方法

あなたは普段、連続ドラマや最新のバラエティ番組を見逃してしまった場合、どうしますか?

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しくて最新話を見逃してしまったりすることも多いと思います。

ネットで無料動画を検索すると、英語ばかりで見るからに怪しい海外のホームページにアップロードされている動画があったりしますが、

そういった違法アップロードの動画って、見ていて気分がよくありませんよね・・・しかもそういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりもするようです。

なのでもし、ドラマ『母になる』を無料で安心・安全に視聴したい場合は

Hulu(フールー)の14日間無料見逃し配信キャンペーンを利用すれば、かなりお得に公式の配信動画を視聴することができるんですね!

ドラマを放送しているテレビ局が公認している公式の配信ですから、違法アップロードの動画なんかより、安心して視聴することができます!

さらに、Huluに登録する際にポイントをもらえるんですが、そのポイントを他の最新映画を見るために利用する、なんてことも出来てしまいます。

上映終了直後の最新映画は、某TSUT○YAさんなどのレンタルビデオショップでレンタルして見ようと思っても、

レンタル開始時期は半年以上かかることもあり、一番見たいタイミングで見られないということがよくあります。

その点、Hulu(フールー)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く見ることができますし、14日間の無料お試し期間もついているので、すごく便利です!

Huluの公式サイトはこちら!

 

ドラマ『地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子』のネタバレストーリーの一部をご紹介~【2017年9月20日】

悦子(石原さとみ)が景凡社の校閲部から女性誌『Lassy』編集部に異動して一年。幸人(菅田将暉)との交際も順調で、充実した毎日を送っていた。

そんな中、『Lassy』に新しい編集長・二階堂(木村佳乃)がやってくる。彼女は、出版社を渡り歩いて数々の雑誌を立て直してきた凄腕編集者。出版不況の波にさらされて部数が低迷する『Lassy』のテコ入れのため、呼び寄せられたのだった。二階堂は編集部員に、創刊当時から関わってきたベテランスタッフの契約を打ち切ると通告。悦子は反発するが、聞き入れてもらえない。

悦子は「奥多摩オトナ遠足」という特集記事の内容に矛盾を感じ、“校閲魂”を発揮して二階堂に指摘する。しかし、二階堂は、編集者が校閲にこだわる必要はないと断言。悦子はストレスのあまり、久しぶりに校閲部に顔を出す。茸原(岸谷五朗)ら校閲部の面々は、悦子を温かく迎える。悦子は記事の内容を確認するため、米岡(和田正人)、藤岩(江口のりこ)と一緒に奥多摩観光をすることに。そこで悦子は、新企画を思いつく。

悦子の提案した新企画が、二階堂に採用される。以来、悦子は二階堂から期待を掛けられるようになり、ミラノへの出張に同行するようにと言われる。

一方、幸人は貝塚(青木崇高)から、新人編集者の花恋(佐野ひなこ)を紹介される。貝塚が景凡社創立50周年記念本の編集責任者を任されて多忙になり、代わりに花恋が幸人の担当編集を務めるという。幸人の大ファンだという花恋は、幸人の身の回りの世話をするように。ある日、幸人の部屋を訪ねた悦子は、花恋と鉢合わせしてしまう。幸人と花恋の急接近に、気が気ではない悦子。

二階堂は、『Lassy』のウェブ版を立ち上げると発表。さらに、今年いっぱいで雑誌としての『Lassy』は廃刊、ウェブ配信のみに移行すると言い渡す。悦子は二階堂から、ウェブ版の副編集長を任せたいと言われる。しかし、雑誌にこだわりを持つ悦子は、ウェブへの完全移行に反対。すると、二階堂からクビを言い渡され…。

Huluの公式サイトはこちら!

 

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ