パラビドラマ『天 天和通りの快男児』第12話 あらすじ・感想など【2018年12月19日放送分】

ドラマ『天 天和通りの快男児』第12話のネタバレあらすじ一部をご紹介~【2018年12月19日】

十巡交代制麻雀、クリア麻雀など、幾多の死線を抜け辿り着いた最終戦。

全てを背負った天貴史(岸谷五朗)と原田克美(的場浩司)による究極の一騎打ち"二人麻雀"は、異端なルールの特性を熟知した原田の圧倒的優位で進んでいく。

勢いに乗る原田は、勝負所で伸るか反るかの大物手を決め、天を一気に追い詰める。

残り時間もわずかとなり、セーフティリードを得たと思われた原田だったが、天に逆転の望みをつなぐ起死回生の手が入る…

 

ドラマ『天 天和通りの快男児』💬第12話の感想💬

 

 

💻ドラマ『天 天和通りの快男児』はParaviで全話一挙配信💻

『天』はテレ東で第 1話放送直後に、Paraviにて全話一挙配信されています!
地上波連続ドラマの放送に先駆けて全話を配信するのは、史上初の試みだそうです。


Paraviサイトはこちら→ https://www.paravi.jp/

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ