ドラマ『中学聖日記』第11話(最終回) ネタバレあらすじ・感想【2018年12月18日放送分】

 

✒今すぐ『中学聖日記』を見る✒

  

ドラマ『中学聖日記』第11話:最終回(2018年12月18日)のあらすじ・感想と見逃し配信の視聴方法をご紹介します

今回の記事では、ドラマ『中学聖日記』の第11話(2018年12月18日)のネタバレあらすじや、見逃し配信を無料視聴する方法を紹介しています。

 

ドラマ『中学聖日記』第11話(最終回)のあらすじ一部をご紹介~【2018年12月18日】

「未成年者誘拐罪の疑い」で警察署に連行された聖(有村架純)。

一緒にいた晶(岡田健史)も取調べを受け、聖をかばう主張を続けるが、未成年ゆえに相手にされない。

ようやく解放された後も、晶は愛子(夏川結衣)に携帯を取り上げられ、聖の連絡先を消されてしまう。
後日、愛子から会って話がしたいと告げられた聖。
しかし、当日待ち合わせ場所で聖を待っていたのは…。

全てを失い、厳しい現実を突きつけられた聖。

募る晶への想いを胸に秘め、彼女が最後に出した答えとは。

そして、それぞれが選ぶ道、“禁断の恋”の結末は―?

 

ドラマ『中学聖日記』第11話(最終回)のネタバレあらすじと感想💬

「未成年者誘拐罪の疑い」で警察署に連行された聖でした。
一緒にいた晶も取調べを受け、聖をかばう主張を続けますが、未成年ゆえに相手にされませんでした。

ようやく解放された後も、晶は愛子に携帯を取り上げられ、聖の連絡先を消されてしまいます。
聖は愛子と次の日に会う約束をします。しかし、待ち合わせ場所で聖を待っていたのは弁護士でした。
誓約書にサインを求められます。「今後いっさい晶にはかかわらない。」という内容のものでした。
原口は自分の責任を感じ、聖に会いに来ますが、貧血で倒れてしまいます。原口は勝太郎の子を妊娠していました。
誓約書の話しを知った晶は、聖に会いに行きます。しかし聖は会いませんでした。
聖は誓約書にサインをし、愛子と弁護士に渡します。今までの自分が未熟で大人としてちゃんとした行動ができなかったと反省しあやまりました。
愛子は誓約書を晶に見せて、自分でこの意味を理解し、この思いにどう答えるのかを考えなさい。と言います。

原口が退院の日、勝太郎が迎えに来ます。原口は勝太郎が言いそうなことをすべて言い、一人で子どもを育てるつもりでいることを伝えます。

原口と勝太郎は、晶に頼まれて、聖と最後に話す機会をつくってあげました。

聖は日本を離れ、海外に行くことを告げます。聖は勝太郎からレポート用紙を渡されます。そこには晶の聖への想いが綴ってありました。
聖は日本語の教師としてバンコクでへ行きます。
数年後?愛子から渡された誓約書を持って、晶が聖の元を訪ねてきました。抱き合う2人でした。

* * *

周り、周り、たどり着くのはやはりあなとの元。

聖と晶は純愛だったのかな?15歳でも18歳でもダメで、ラストの晶は何歳だったのだろう?
未成年でなくなったのかな?

愛子と弁護士の前で聖が言ったこと、大人として間違っていた。と、
今更気付いたの?遅いよ。って感じでした。

晶がどう考えても子どもで、本当に大人になるまで見守るべきでした。

そして、本当に大人になった晶が会いにきた。やっと2人の時間が始まります。

でも、お互いが大人にならなければ始められない恋だったのだから、時間がかかった分だけ、これからすごく幸せになれると思います。

 

ドラマ『中学聖日記』の動画を視聴可能な配信サービス

放送終了から1週間以内の場合

『中学聖日記』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREEを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

TVer 無料視聴はこちら!
TBS FREE 無料視聴はこちら!

無料視聴期間はいつまで?

『中学聖日記』第11話の放送終了後から1週間限定配信なので
2018年12月18日(火)放送終了後〜2018年12月25日(火) 21時59分
までは見られます!

放送終了から1週間以上経過している場合はParavi!

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ