パラビドラマ『天 天和通りの快男児』第10話 あらすじ・感想など【2018年12月5日放送分】

ドラマ『天 天和通りの快男児』第10話のネタバレあらすじ一部をご紹介~【2018年12月5日】

東西戦決勝序盤、井川ひろゆき(古川雄輝)の決意を受け止め、"クリア麻雀"の五つの役のうち、最も難易度が高い”三暗刻”をひろゆきから和了った天貴史(岸谷五朗)。

残り千点、最悪の配牌という苦境にも決して諦めないひろゆきの懸命さに天も応え、ひろゆきは息を吹き返す。

両軍ともに次々と役をクリアしていく中、西軍は”三暗刻”に手が届かない。

迎えた終盤、天の余裕を見た原田克美(的場浩司)は、全ての理を捨てて一直線に”三暗刻”に邁進する。

 

ドラマ『天 天和通りの快男児』💬第10話の感想💬

 

💻ドラマ『天 天和通りの快男児』はParaviで全話一挙配信💻

『天』はテレ東で第 1話放送直後に、Paraviにて全話一挙配信されています!
地上波連続ドラマの放送に先駆けて全話を配信するのは、史上初の試みだそうです。


Paraviサイトはこちら→ https://www.paravi.jp/

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ