パラビドラマ『天 天和通りの快男児』第9話 あらすじ・感想など【2018年11月28日放送分】

ドラマ『天 天和通りの快男児』第9話のネタバレあらすじ一部をご紹介~【2018年11月28日】

西軍・原田克美(的場浩司)はもともと4枚の“白”を2枚増やし、6枚にするイカサマを仕掛けており、原田はその“6枚目の白”で和了りを宣言。

しかし、その原田に待ったをかけたのは赤木しげる(吉田栄作)。
赤木は原田が増やした“白”を、その分2枚少なくなった牌に見立ててロンを宣言。
自身の“読み”を信じる赤木だが、全136牌の中からわずか1牌を当てるのは至難の業。

外せば即脱落の中、両軍が予想すらしていなかった事態が起こる…。

 

ドラマ『天 天和通りの快男児』💬第9話の感想💬

 

💻ドラマ『天 天和通りの快男児』はParaviで全話一挙配信💻

『天』はテレ東で第 1話放送直後に、Paraviにて全話一挙配信されています!
地上波連続ドラマの放送に先駆けて全話を配信するのは、史上初の試みだそうです。


Paraviサイトはこちら→ https://www.paravi.jp/

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ