パラビドラマ『天 天和通りの快男児』第8話 あらすじ・感想など【2018年11月21日放送分】

ドラマ『天 天和通りの快男児』第8話のネタバレあらすじ一部をご紹介~【2018年11月21日】

“雀神”赤木しげる(吉田栄作)の闘牌を目の当たりにし覚醒した雀士・井川ひろゆき(古川雄輝)だったが、西軍の“怪物”僧我三威(でんでん)の執念の満貫で残り千点になり追い詰められてしまう。

味方のツモ和了りでもひろゆきが脱落という大ピンチの東軍だが、赤木が桁外れの才気を発揮し、凡手を一気に引き上げる。

その手を託された天貴史(岸谷五朗)は逆転の予感に突き動かされ、さらなる大物手を狙う。

東軍最強の2人が築き上げた「地の鼓動」とは?

 

ドラマ『天 天和通りの快男児』💬第8話の感想💬

 

💻ドラマ『天 天和通りの快男児』はParaviで全話一挙配信💻

『天』はテレ東で第 1話放送直後に、Paraviにて全話一挙配信されています!
地上波連続ドラマの放送に先駆けて全話を配信するのは、史上初の試みだそうです。


Paraviサイトはこちら→ https://www.paravi.jp/

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ