ドラマ『中学聖日記』第6話 ネタバレあらすじ・感想【2018年11月13日放送分】

 

✒今すぐ『中学聖日記』を見る✒

  

ドラマ『中学聖日記』第6話(2018年11月13日)のあらすじ・感想と見逃し配信の視聴方法をご紹介します

今回の記事では、ドラマ『中学聖日記』の第6話(2018年11月13日)のネタバレあらすじや、見逃し配信を無料視聴する方法を紹介しています。

 

ドラマ『中学聖日記』第6話のあらすじ一部をご紹介~【2018年11月13日】

3年後――2018年。
晶(岡田健史)の前から姿を消した聖(有村架純)は、勝太郎(町田啓太)とも別れ、千鶴(友近)と同じ小学校で教師を続けていた。

穏やかな日々を過ごしていた聖だったが、同僚の野上(渡辺大)と訪れた雑貨市で晶の姿を見かけてしまう。
晶は愛子(夏川結衣)の元を離れ、上布(マキタスポーツ)の実家に下宿していた。
過去の記憶がよみがえり動揺する聖。

一方、勝太郎は東京本社で過去を吹っ切るようにバリバリと働いていた。
だがそこへ原口(吉田羊)が新しい部長として東京へ戻ってきて...。

そんな中、担当する生徒・彩乃(石田凛音)の遠足費の支払いが滞っていることを知った聖は、母親・美和(村川絵梨)の元を訪ねるが…。

 

ドラマ『中学聖日記』第6話のネタバレあらすじと感想💬

3年後。

聖は千鶴と同じ小学校で働いていました。
小さい町なので悪い噂がたったらすぐに広まってしまうような所でした。

しかし、子ども達にも好かれ、平凡で平和な日々を送っていました。

そこへ勝太郎が訪ねてきました。聖の残していった荷物を持って来たのでした。
そして、わだかまりなく別れた2人でした。勝太郎は原口へ自分の気持ちを伝えます。気になってますと。

晶は愛子の元を離れ、上布の実家に下宿していました。子星中3年1組の同窓会が開かれ晶も参加します。
そこでなおと再開した晶は2人で話したいと言います。なおから「今でも黒岩のことが好き」と告白されます。
晶は前のように中学時代の友達と会うようになりました。

聖の学校の生徒・彩乃が遠足にお弁当を持って来ませんでした。
そのことで彩乃の家へ行くと彩乃の母が不倫相手の妻から責め立てられていました。
「一度過ちをおかした人はまた繰り返す」と。

その場にいた同僚・野上から「過去は過去、今を頑張っている人を応援したい。」と言われます。
そして過去の話を知っているとも言われた聖は過去の話と、自分の気持ちを話します。

* * *

それぞれが自分の道を前へ前へと進んでいました。平和で穏やかな生活。
聖はどこかで学校の先生をしているとは思っていましたが、晶と偶然会ってしまうほど近くにいたとは。
なんと浅はかな事か・・・

教員免許の取り直しとかもあるのかもしれませんが、こんな近くにいてはやり直しても過去が必ず誰かにばれてしまう。

周りの人が必ず見方になってくれるとは限らないのだから、やり直すならもっと遠くへ行かなくては。

誰も知らない人だけのところに行ってやり直すのが本当です。
千鶴に甘えすぎ。聖の考えの甘さにがっかりです。

 

ドラマ『中学聖日記』の動画を視聴可能な配信サービス

放送終了から1週間以内の場合

『中学聖日記』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREEを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

TVer 無料視聴はこちら!
TBS FREE 無料視聴はこちら!

無料視聴期間はいつまで?

『中学聖日記』第6話の放送終了後から1週間限定配信なので
2018年11月13日(火)放送終了後〜2018年11月20日(火) 21時59分
までは見られます!

放送終了から1週間以上経過している場合はParavi!

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ