ドラマ『リーガルV』第5話 動画 キャスト ネタバレ あらすじ 見逃し配信【2018年11月15放送分】

 

▽今すぐ『リーガルV』を見る▽

U-NEXT

ドラマ『リーガルV』第5話(2018年11月15日)の放送を無料視聴する方法をご紹介します

今回の記事では、ドラマ『リーガルV』の第5話(2018年11月15日)のオンエア内容を、違法アップロードなどの方法ではなく、公式に視聴する方法について詳しく解説していこうと思います。

今回紹介するVOD(ビデオオンデマンドサービス)を利用すれば、ドラマ『リーガルV』の動画を公式かつ安全・安心に視聴することができます!

※なお、本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

ドラマ『リーガルV』の動画を視聴可能な配信サービス

放送終了から1週間以内の場合

放送終了から1週間以内はTverかテレ朝キャッチアップを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

TVer 無料視聴はこちら!
テレ朝キャッチアップ 無料視聴はこちら!

放送終了から1週間以上経過している場合はU-NEXTがおすすめ!

最もお得に『リーガルV』の見逃し動画配信を見る方法は、U-NEXTです。

U-NEXT

U-NEXTの公式サイトはこちら!

U-NEXTの詳細情報、お得なキャンペーンなどを以下に紹介していきます。

📌U-NEXTの詳細📌

既にご存知の方も多いかもしれませんが、U-NEXTは日本最大級のビデオオンデマンドサービスであり、放送終了直後の最新ドラマや映画、アニメなど、多ジャンルの作品が、新作・旧作問わず充実している動画配信サービスになります。

そしてそのU-NEXTに登録されている作品数は、なんと12万本以上なんです。

劇場公開終了直後の最新映画に関しても、某TSUT○YAさんなどのレンタルビデオショップでレンタル開始になる前から視聴することができますので、映画館へ足を運ぶことができなくて、最新作を見逃してしまった人にオススメのサービスです。

放送中の最新ドラマに関しても、オンエア終了直後のかなり早いタイミングで最新話がアップされていきますから、録画を忘れてしまったり、学校や仕事で忙しくて見逃してしまったドラマを視聴できるというのもオススメポイントです!

そして、U-NEXTは登録してから31日間のお試し期間もあり、視聴することができますから、安心して利用を始められますよ!

👍U-NEXTのお得な情報! 👍

1.U-NEXTでは、初回登録時に600ポイントがもらえます!

2.600ポイントはアカウント登録時の1度のみですが、本登録後は毎月1日に全てのユーザーに1,200ポイントもらえます。U-NEXTは月額1.990円なので実質790円で利用できる、と考えることもできますね(笑)

U-NEXTの公式サイトはこちら!
U-NEXT

知っておこう❗ 違法アップロードサイトのデメリットとリスク💀

あなたは普段、連続ドラマや最新のバラエティ番組を見逃してしまった場合、どうしますか?
録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しくて最新話を見逃してしまったりすることも多いと思います。

ネットで動画を検索すると、Dailymotion、Pandora、miomioなどが出てきますが、これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされています。

違法アップロードサイトでの視聴には、以下のようなリスクやデメリットがあります。

💣画質が粗い、音質が悪い
💣著作権に違反しているため、突然削除されてしまうことがあり、全話視聴できない
💣スマホやパソコンがウィルス感染したり、個人情報が漏えいしてしまう恐れがある

見逃した番組は、違法アップロードサイト💀ではなく、公式サイト✅で視聴するようにしましょう!

ドラマ『リーガルV』第5話のネタバレあらすじ一部をご紹介~【2018年11月15日】

 「勝つまで戦うの」――。小鳥遊翔子(米倉涼子)の言葉に背中を押された青島圭太(林遣都)は、以前から抱えていた案件を逆転勝訴に導くため立ち上がる。その案件とは、人気学生ベンチャー企業で代表を務める大学生・町村誠(瀬戸利樹)が激しい暴行を受け、重傷を負った事件。凶器から指紋が検出されたため、町村の幼なじみで同級生の武藤正洋(戸塚純貴)が傷害容疑で起訴され、青島が弁護することになったのだ。ところが、事件前に町村が企業の解散を提案していたことから、検察側は「異を唱える武藤が暴力行為をエスカレートさせた」と主張。さらに、町村自身が「武藤から暴行を受けた」と証言したため、武藤は一審で実刑判決を受けることに…。その後、ネットの誹謗中傷にも耐えながら息子の無実を証明しようと戦っていた母・武藤望(片岡礼子)が自殺するという悲劇までも招き、青島はずっと胸を痛めていたのだった――。

 青島は控訴審に向け、翔子率いる「京極法律事務所」のメンバーにも協力を仰ぎ、有利となる証拠を集めようと駆け回る。だが、武藤の父・紘一(志垣太郎)は「お前らなんかに息子は救えない」と一刀両断。あれほど無実を主張していた武藤自身もすっかり自暴自棄に陥り、青島に背を向け続け…。

 そんな苦しい状況下でも諦めず、青島を鼓舞し続ける翔子。一方、「京極法律事務所」のパラリーガル・伊藤理恵(安達祐実)は、謎に包まれていた翔子の過去を突き止め…!?

U-NEXTの公式サイトはこちら!
U-NEXT

 

ドラマ『リーガルV』第5話の感想~【2018年11月15日】

青島は、以前から抱えていた案件を逆転勝訴に導くため立ち上がります。

その案件とは、人気学生ベンチャー企業で代表を務める 大学生・町村誠が激しい暴行を受け、重傷を負った事件です。

凶器から指紋が検出されたため、

町村の幼なじみで同級生の武藤正洋が 傷害容疑で起訴され、

青島が弁護することになった事件です。

ところが、事件前に町村が企業の解散を提案していたことから、

検察側は 「異を唱える武藤が暴力行為をエスカレートさせた」と主張。

さらに、町村自身が「武藤から暴行を受けた」と証言したため、

武藤は一審で 実刑判決を受けました。

その後、ネットの誹謗中傷にも耐えながら息子の無実を証明しようと戦っていた母が自殺します。

青島は控訴審に向け、武藤の父を訪ねた青島と祥子に武藤と町村が仲が良かったことを教えてくれます。

聞き込みを始めた「京極法律事務所」メンバーは町村の立ち上げた企業の裏に

ハングレ(暴力団の一歩手前)がついていることがわかりました。

町村は後輩の中西から脅されていたのです。

青島は武藤の母からの手紙を裁判で読み上げます。

武藤の母の思いに答え、町村が真実を話します。

自分に暴行したのは後輩の中西だと。

青島くん。成長しました。

前から抱えていた案件を逆転勝訴するために「京極法律事務所」のメンバーたちと戦いました。

犯人が明らかなのに 被害者が認めなければ、裁判は逆転しません。

それをどうやって認めさせるかが腕の見せどころでした。

武藤の母からの手紙が本当に存在 したのか分かりませんが、

母の気持そのものだったと思います。

「いい仕事したね。青島くん。」と、褒めてあげたくなりました。

これからも祥子に振り回されながらも成長するのを楽しみに守りたいです。

U-NEXTの公式サイトはこちら!
U-NEXT

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ