パラビドラマ『天 天和通りの快男児』第7話 あらすじ・感想など【2018年11月14日放送分】

ドラマ『天 天和通りの快男児』第7話のネタバレあらすじ一部をご紹介~【2018年11月14日】

東軍の劣勢は続き、“ガン牌”を見破られた銀次(田中要次)が原田(的場浩司)に討ち取られる。

さらに、ひろゆき(古川雄輝)も苦戦する中、勢いに乗る西軍の怪物・僧我(でんでん)が力で押し切ろうとする。

しかし、赤木(吉田栄作)にギリギリのところで阻まれ、流れを掴み切れない。

究極の感性と圧倒的な才を持つ“雀神”赤木の闘牌を目の当たりにしたひろゆきは、理を優先した今までの打ち方を捨て、決死の勝負に出る…。

 

ドラマ『天 天和通りの快男児』💬第7話の感想💬

 

💻ドラマ『天 天和通りの快男児』はParaviで全話一挙配信💻

『天』はテレ東で第 1話放送直後に、Paraviにて全話一挙配信されています!
地上波連続ドラマの放送に先駆けて全話を配信するのは、史上初の試みだそうです。


Paraviサイトはこちら→ https://www.paravi.jp/

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ