ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第4話 ネタバレあらすじ・感想【2018年11月2日放送分】

 

✒今すぐ『大恋愛~僕を忘れる君と』を見る✒

  

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第4話(2018年11月2日)のあらすじ・感想と見逃し配信の視聴方法をご紹介します

戸田恵梨香・ムロツヨシ主演のドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』、侑市に対する真司のコンプレックスも募り、辛い展開です。。
今回の記事では、ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』の第4話(2018年11月2日)のネタバレあらすじを紹介しています。

 

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第4話のあらすじ一部をご紹介~【2018年11月2日】

侑市(松岡昌宏)へのコンプレックスから、少しでもお金を稼ごうと無謀なアルバイトで倒れてしまった真司(ムロツヨシ)。

病院に駆け付けた尚(戸田恵梨香)に正直に打ち明け、愛を確認し合った。
だが…、尚は真司に抱きしめられながらも、誤って侑市の名前を呼んでしまう。

名前を間違ったことに気づいていない尚。
“侑市”と呼ばれた真司はショックを受けながらも、尚の病気のことを思い、気づかないふりをするが…。

一方尚は、日常生活での失敗が増え病気の進行を自覚する中で、真司の名前を呼び間違えたかもしれないと不安になる。

翌日、退院した真司と尚のもとに、引っ越し屋の先輩・木村(富澤たけし)が、職場に置いたままだった真司の荷物を持ってやってくる。
真司が小説家だったことを知らない木村に、尚は嬉しそうに真司の著作「砂にまみれたアンジェリカ」を手渡すのだった。

そんな中、レディースクリニックで尚が診察していた患者が、尚の病気に気づいて…。

 

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第4話のネタバレ・あらすじと感想

少しでもお金を稼ごうと無謀なアルバイトで倒れてしまった真司の病院に駆け付けた尚でした。
真司は侑市へのコンプレックスのことを正直に打ち明け、愛を確認し合った2人でした。が、尚は真司に抱きしめられながら、間違って侑市の名前を呼んでしまいます。

名前を間違ったことに気づいていない尚。
「侑市」と呼ばれた真司はショックを受けながらも、尚の病気のことを思い、気づかないふりをします。

尚は、日常生活での失敗が増え病気の進行を自覚する中で、真司の名前を呼び間違えたかもしれないと不安になります。

翌日、退院した真司と尚のもとに、引っ越し屋の先輩・木村が、職場に置いたままだった真司の荷物を持ってやって来ます。

真司が小説家だったことを知らない木村に、尚は嬉しそうに真司の著作「砂にまみれたアンジェリカ」の大ファンだと話します。

真司は 自分と尚のことを小説にしていいか?と尚に聞きます。
尚は真司がまた小説を書き始めることを喜びます。

そんな中、レディースクリニックで尚が診察していた患者が、尚が侑市の診察を受けていることを知り、尚の病気に気づき、レディースクリニックの口こみに尚がアルツハイマーであることを書き込みます。

尚と薫は厚生労働省に出向きます。
そこに侑市も立会います。
侑市の説明により、医師免許剥奪の審議対象でないと判断されます。

侑市に助けられたことを腹ただしく思う真司は、尚が自分の名前のことを間違えたことを言いだし、2人は喧嘩になります。

アパートを飛び出た尚は外にいた侑市から自分には尚が必要だと言われます。
尚は自分の愛しているのは真司だと告げ真司のもとに戻りますが真司から別れを告げられます。

* * *

バックナンバーの歌と重なりラストがより切なくなります。

真司が侑市にコンプレックスをいだき、自分より侑市の方が尚を助けて、尚のためになるのではないかと考えてしまうのはあたりまえだと思います。

侑市はアルツハイマーの医師。
自分は元小説家で現在はただの引越しのアルバイト。
格差を感じないわけがありません。

でも尚は侑市ではなく、真司の暖かい心や人間性に惹かれたのでしょう。

ずっと何があっても真司に尚を支えてほしい。なのに今回のラストでの別れ話しはどうして?

2人が幸せになることを祈りつつ来週を待ちます。

 

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』の動画を視聴可能な配信サービス

放送終了から1週間以内の場合

『大恋愛~僕を忘れる君と』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREEを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

TVer 無料視聴はこちら!
TBS FREE 無料視聴はこちら!

無料視聴期間はいつまで?

『大恋愛~僕を忘れる君と』第1話の放送終了後から1週間限定配信なので
2018年11月2日(金)放送終了後〜2018年11月9日(金) 21時59分
までは見られます!

放送終了から1週間以上経過している場合はParavi!

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ