パラビドラマ『天 天和通りの快男児』第6話 あらすじ・感想など【2018年11月7日放送分】

ドラマ『天 天和通りの快男児』第6話のネタバレあらすじ一部をご紹介~【2018年11月7日】

東西戦序盤、西軍の大将・原田(的場浩司)を攻めた健(星田英利)は、イカサマを見破られ原田に刺される…。

欠員が出た東軍の前に、天(岸谷五朗)と激闘を繰り広げた“雀神”赤木(吉田栄作)が現れる。

西軍が赤木の参加を認める条件として、10巡交代制のタッグマッチを提示。

弱点と見られていたひろゆき(古川雄輝)は、意気込みが空回りし苦戦。

劣勢が続く東軍だが、“ガン牌の匠”銀次(田中要次)の職人芸が炸裂する…。

 

ドラマ『天 天和通りの快男児』💬第6話の感想💬

 

💻ドラマ『天 天和通りの快男児』はParaviで全話一挙配信💻

『天』はテレ東で第 1話放送直後に、Paraviにて全話一挙配信されています!
地上波連続ドラマの放送に先駆けて全話を配信するのは、史上初の試みだそうです。


Paraviサイトはこちら→ https://www.paravi.jp/

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ