パラビドラマ『天 天和通りの快男児』第5話 あらすじ・感想など【2018年10月31日放送分】

ドラマ『天 天和通りの快男児』第5話のネタバレあらすじ一部をご紹介~【2018年10月31日】

天(岸谷五朗)と赤木(吉田栄作)の激闘から二年、ひろゆき(古川雄輝)は悶々と麻雀を打っていた。

大阪の雀荘で勝ち続けるひろゆきに、健(星田英利)は近々行われる裏麻雀界の頂点を決める東西戦への出場を打診する。

西軍の大将は、現役最強の雀士で暴力団組長の原田(的場浩司)、対する東軍の大将は天。

ひろゆきを一員に加えた天は、決戦当日、西軍にかつて無敗を誇った怪物・僧我(でんでん)がいると知る。

こうして最悪最凶の長い戦いが始まった…。

 

ドラマ『天 天和通りの快男児』💬第5話の感想💬

(放送終了後、更新予定です!)

 

💻ドラマ『天 天和通りの快男児』はParaviで全話一挙配信💻

『天』はテレ東で第 1話放送直後に、Paraviにて全話一挙配信されています!
地上波連続ドラマの放送に先駆けて全話を配信するのは、史上初の試みだそうです。


Paraviサイトはこちら→ https://www.paravi.jp/

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ