パラビドラマ『天 天和通りの快男児』第3話 あらすじ・感想など【2018年10月17日放送分】

ドラマ『天 天和通りの快男児』第3話のネタバレあらすじ一部をご紹介~【2018年10月17日】

都心の一等地を賭けた半荘60回勝負の代打ちを請け負った井川ひろゆき(古川雄輝)は、相手の心を読む七対子の使い手・室田(相島一之)から勝機を見出せない。

そんな中、突如現れた天貴史(岸谷五朗)がひろゆきの代わりに勝負することに。

敵だったはずの天が見せる「本当の代打ちの世界」…天は見事、室田の麻雀のカラクリを見抜き圧倒するが、
その室田に代わって対戦するのは、不敗伝説を持つ“雀神”赤木しげる(吉田栄作)だった…。

 

ドラマ『天 天和通りの快男児』💬第3話の感想💬

(放送終了後、更新予定です!)

 

💻ドラマ『天 天和通りの快男児』はParaviで全話一挙配信💻

『天』はテレ東で第 1話放送直後に、Paraviにて全話一挙配信されています!
地上波連続ドラマの放送に先駆けて全話を配信するのは、史上初の試みだそうです。


Paraviサイトはこちら→ https://www.paravi.jp/

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ