【2018年10月秋ドラマ】『僕とシッポと神楽坂』10月12日 11:15~スタート

10月12日(金)夜11:15スタートのテレビ朝日系ドラマ「僕とシッポと神楽坂」のあらすじ、キャスト(出演者)、スタッフ、原作、主題歌などを簡単に分かりやすくまとめて紹介します。

公式ツイッターではドラマの裏側やキャストのインタビューなどがみられますよ。ぜひチェックしてみてください!

放送局・日程・時間

放送局:テレビ朝日

日程・時間:2018年10月12日 夜11:15~ 毎週金曜日

みどころ

 相葉が演じる達也は、神楽坂にある『坂の上動物病院』の獣医師。勤めていた動物病院を辞めて実家に戻り、徳丸先生という獣医師のもとで働こうとしていたところ、突然徳丸先生が達也に病院を任せ、姿を消してしまいます。戸惑いながらもそこに留まり、神楽坂の人々と交流を深めていく達也。やがて「コオ先生」と呼ばれるようになった達也は、彼らの大切なペットの命を守るため、獣医師として奮闘を続けていきます。

 心優しくて腕も確か――コオ先生は、そんな理想の獣医師です。
 そんなコオ先生が、手術前に不安でいっぱいの飼い主たちに、必ずかける言葉があります。
 「○○さんの気持ちは受け取りました。頑張ります」
 常に飼い主の心に寄り添い、患者としてやってくる動物=“シッポ”(※コオ先生は病院にやってくる犬や猫を、愛情を込めて“シッポ”と呼ぶ)を救うことに全力を傾けるコオ先生の言葉と姿勢は、回を重ねるごとにみなさんの心に優しく染み渡っていくことでしょう。
 動物を愛する心と、優しい雰囲気を持つ相葉は、まさにコオ先生という役にぴったりと言えるのではないでしょうか。

 また、今作にはダイキチとオギというマスコットキャラクターのような犬と猫も登場! ビションフリーゼのダイキチと三毛猫のオギが、相葉とともに金曜の夜を彩ります。
 忙しい一週間で疲れた心と体を癒す、動物だらけの1時間、『僕とシッポと神楽坂』。すべての動物を愛する人たちへ贈る、究極の癒し系ヒューマンドラマが、まもなく誕生します!

キャスト(出演者)

高円寺達也(こうえんじ・たつや)・・・相葉雅紀

高円寺先生なので、通称「コオ先生」。神楽坂で生まれ育つ。獣医大学を卒業した後、勤務医として動物病院で働いていたが、実家に戻り、神楽坂に『坂の上動物病院』を開業する。一見、気弱そうだが腕は確かで、優しい心の持ち主。病院にやってくる犬や猫たちを、愛情を込めて“シッポ”と呼んでいる。言葉を話すことができない“シッポ”たちに対し、持ち前の動物の心に寄り添う才能と勤務医時代の経験をもって接し、街の動物のお医者さんとして唯一無二の存在になっていく。

加瀬トキワ(かせ・ときわ)・・・広末涼子

『坂の上動物病院』で働く動物看護師。看護師としての腕は確かで、心優しく強い女性。大地というひとり息子を女手一つで育てている。得意料理(自称)は“煮物”で、大地は(やがて達也も)味が染みに染みた煮物を何日も食べさせられている。

すず芽(すずめ)・・・趣里

神楽坂の芸者。貴子から三味線の稽古をつけてもらうため、達也の家に出入りしている。幼い頃から達也に思いを寄せており、大好きな達也のために多国籍なお弁当を作って届けたりと、まっすぐな気持ちをぶつけまくっている。『坂の上動物病院』に現れた看護師・トキワをライバル視している。

堀川広樹(ほりかわ・ひろき)・・・小瀧望(ジャニーズWEST)

東都獣医大の学生。田代に感銘を受け、『ナルタウン動物病院』に研修医としてやってくる。何事にも一生懸命で好奇心も旺盛、そして知識も豊富で優秀だが、そのやる気が前面に出過ぎて、人の話を遮りがち。

まめ福(まめふく)・・・渚(尼神インター)

神楽坂の芸者。すず芽と同じく、貴子から三味線の稽古をつけてもらうため、昼夜問わず達也の家に出入りしている。達也との付き合いはそれなりに長く、しょっちゅう貴子、すず芽と3人がかりで達也にちょっかいを出しては楽しんでいる。

神主(かんぬし)・・・矢柴俊博

達也の家の近所、赤城出世稲荷神社の神主。神出鬼没で、突然達也の前にぬっと現れては不可思議な言葉を残し去っていくため、常に達也を戸惑わせている。

加瀬大地(かせ・だいち)・・・矢村央希

トキワのひとり息子。達也に頼まれて、『坂の上動物病院』に通うようになり、動物たちの面倒をみるようになった。

看板犬・ダイキチ・・・アトム

『坂の上動物病院』に預けられ、そのまま置き去りにされてしまった。大地の熱意により、コオ先生たちに看板犬として迎え入れられることに…!?

地域猫・オギ・・・ミーちゃん

神楽坂の地域猫。達也の家、『坂の上動物病院』、赤城出世稲荷神社がお気に入りの場所。

名倉雅彦(なくら・まさひこ)・・・大倉孝二

達也の幼馴染でフリーライター。自分がヒマなのをいいことに、達也を誘って神楽坂の居酒屋で飲んでばかりいるが、達也の優しさを一番わかっている人物でもある。

田代真一(たしろ・しんいち)・・・村上淳

『ナルタウン動物病院』に勤務する優秀な獣医師。腕は抜群なのだが、変わり者。トキワに思いを寄せていて、達也を恋敵として意識している。

高円寺貴子(こうえんじ・たかこ)・・・かとうかず子

達也の母親。三味線の師匠で、女手一つで達也を育てた。「いつ結婚するのか」「孫の顔は見られるのか」と、何かと息子の将来を心配しつつ、優しく見守っている。

徳丸善次郎(とくまる・ぜんじろう)・・・イッセー尾形

神楽坂で動物病院を営んでいたが、突然達也に病院を任せ、姿を消してしまう。神楽坂の人々に慕われる街のお医者さん。

原作

たらさわみち:「僕とシッポと神楽坂」(officeYOU 集英社クリエイティブ)

<たらさわみち氏 コメント>

 『僕とシッポと神楽坂』のドラマ化が決まったことを最初に聞いたときは、すごくびっくりしました。そして配役を聞いてさらにびっくり! コオ先生を相葉雅紀さんが演じてくださることにとても感激しました。動物と関わるお仕事もたくさんされていて、こんなにコオ先生にぴったりの方がいたんだ!と(笑)。本読みでのご挨拶で「歌って踊るのと同じくらい動物と接しているので」とおっしゃってくださったときに、絶対大丈夫だと確信しました。
 実際にお会いした相葉さんは本当に自然体で、温かい方。昔飼っていた動物の話や、原作のダイキチのお話などをしました(笑)。

 広末涼子さんがトキワさんを演じてくださるのもとても嬉しくて…! 広末さんが原作のトキワさんに寄せて髪をショートカットにしてくださったのも本当に感激しました。実は私はショートカットのヒロインを描いたことがほとんどなく、トキワさんは稀なキャラでした。女性らしさを抑えて、強く生きるスマートなところを描きたくてそうしたのですが、そんなところも広末さんが作品に寄り添ってくださった気がしたんです。訪問時にはちょうど広末さんが動物と触れ合うシーンを撮影されていたのですが、すごく手慣れていて、お好きなんだなと感じました。息子役の矢村央希くんとも息がピッタリで、まるで本当の親子のようでした!

 ドラマの撮影現場にお邪魔するのは初めてだったのですが、スタジオのセットなどを拝見して「漫画家として参考になるな」と思いました。出演者のみなさんももうすっかり役が出来上がっていて…。徳丸先生役のイッセー尾形さんがとてもいい味を出してくださっているのですが、(大ファンなので)原作でももっとハンサムに描いておけばよかったと思いました(笑)。

 実は、この作品を描き始めたとき、動物を描くのが苦手だったんです。出来るかな、と思いながら始めたのですが、気がつけばもう長いこと描いていて、現在もネタが尽きない中でシリーズを続けられています。コオ先生も、原作シリーズ当初は途中から出てきたサブキャラだったのですが(笑)。読者のみなさんもコオ先生に思い入れを持ってくださっています。
 私自身も思い入れのあるそんなコオ先生を相葉さんが演じてくださって、本当にありがたいです。ドラマでは原作とまた違った世界観が出るところもあると思うので、そこを楽しんでいただけたら、と思います。

主題歌

:『君のうた』(ジェイ・ストーム)

スタッフ

脚 本・・・谷口純一郎、国井桂

監 督・・・深川栄洋(『神様のカルテ』『60歳のラブレター』)ほか

ゼネラルプロデューサー・・・三輪祐見子(テレビ朝日)

プロデューサー・・・都築歩(テレビ朝日)、松野千鶴子(アズバーズ)、岡美鶴(アズバーズ)

制作協力・・・アズバーズ

出典:テレビ朝日ホームページ 『僕とシッポの神楽坂』

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ