chef 三ツ星の給食 動画 6話 無料視聴フル見逃し再放送 pandora 9tsu

[ad#ad-44]

今回の記事では、ドラマ『シェフ~三ツ星の給食~』の第6話の見逃してしまった分の動画を違法アップロードなどの方法ではなく、無料で公式に視聴する方法について詳しく解説していこうと思います。

既にこの方法を知っているという人もいるかもしれませんね・・・今回紹介する、FOD(フジテレビオンデマンド)というビデオオンデマンドサービスを利用すれば、ドラマ『シェフ~三ツ星の給食~』の動画を安心・安全に無料視聴できます!

ドラマ『シェフ~三ツ星の給食~』の再放送動画を公式で無料視聴可能なサイト

[ad#ad-8]

 

ドラマ『シェフ~三ツ星の給食~』 第6話の放送日程・放送時間、スタッフ、主題歌、キャスト(出演者)情報など~

  • 放送時間、放送期間・・・毎週木曜日22時00分~22時54(54分)、2016年10月13日~
  • 制作局、脚本、プロデューサー、主題歌、演出・・・フジテレビ、浜田秀哉、長部聡介・高田雄貴、平野眞・森脇智延・田中亮
    出演者(キャスト)・・・天海祐希、荒川良々、川口春奈、遠藤憲一、春風ひとみ、友近、遠藤憲一、小泉孝太郎、池田成志、市川しんぺー、伊藤修子、豊原功補、堀口ひかる

 

ドラマ『シェフ~三ツ星の給食~』のあらすじ

完全オリジナル脚本の『Chef~三ツ星の給食~』の主人公は、日本だけでなく世界中から注目される三ツ星レストランの天才女性シェフ・星野光子(ほしの・みつこ)。男性社会ともいわれる料理の世界で、厳しい修業時代を強靱(きょうじん)な体力とタフなメンタルで乗り切り、パリの名だたるフレンチレストランで修行し、数々の有名コンクールで優勝。帰国後は、銀座の有名フレンチレストラン「La Cuisine de La reine(ラ・キュイジーヌ・ドゥ・ラ・レーヌ)」の総料理長に就任しました。繊細な味覚と他の追随を許さない創造性で次々と新たなレシピを生み出し、世界有数のトップシェフまで上り詰め、「La Cuisine de La reine」は三ツ星を獲得。メディアにも度々取り上げられ、最近ではテレビ番組でコメンテーターも務めるスター的存在に。そんな光子の料理を求めて世界中のグルメが店に訪れ、予約は3年待ち。自分の料理に絶対の自信を持つ光子は“自分の料理を残す客など世界に存在しない”とすら思っていました。
しかし、ある日、彼女はレストランのオーナーとトラブルを起こしクビになってしまいます。その後、オーナーの妨害と高すぎるプライドが災いしてなかなか新しい店が見つからない中、テレビ番組の企画でなんと“学校給食”を作ることに。世界最高の料理を作ってきた彼女にとっては簡単なことと思いきや、栄養・経費・味覚の違いなど、多くの壁にぶつかり失敗続きに。しかも、その過程をテレビで放送されてしまい世間の知るところとなります。それでもここで挫折する光子ではありません。子どもたちに「美味しい」と言ってもらうため、さらには失った星を取り戻すため、天才シェフの給食作りが始まります。

 

[ad#ad-9-15]

 

[ad#ad-23-1]

ドラマ『Chef~三ツ星の給食~』の見逃してしまった分の放送の動画を視聴したいのであれば、フジテレビオンデマンド(FOD)がオススメです^^[ad#ad-10]

 

ドラマ『シェフ』 第6話のネタバレあらすじ【2016年11月17日】

光子(天海祐希)が1品しか出せないという屋台のメニューに選んだ鴨のコンフィは、999円という価格、二流の鴨の欠点を感じさせない洗練されたカレー風味が受け、大人気となっていた。

同じ頃、篠田(小泉孝太郎)は、三ツ星レストランの味を手頃な値段で楽しめる新店舗「ネオ・ビストロ・ラ・レーヌ」のオープンを控え、メニューの最終調整をしていた。そこへ、新人スタッフが光子の鴨のコンフィを購入し持ってくる。シェフの奥寺(豊原功補)とともにそれを食べた篠田は、想像以上の美味しさに衝撃を受ける。

一方、荒木(遠藤憲一)が作った給食の献立に、オニオングラタンスープがあると気づいた光子はテンションがあがる。自分にとって特別な一品だという光子に、荒木は高級食材を作ったスープではダメだと警告。しかし光子は、三ツ星レストランのレシピとまったく同じで給食の予算にはめられる上に、絶対子供が大好きな味だと、と自信満々。すると、晴子(川口春奈)が、子供の好みに関心のない光子が作るよりはるかに美味しい、特別なレシピで作るオニオングラタンスープを知っていると言った。光子は、自分のオニオングラタンスープを食べたら、その考えが変わる、と余裕を見せるが、晴子は絶対に変わらない、と譲らない。

翌朝、晴子が調理室に入ると、光子がスープの下ごしらえをしていた。そこに漂ういい香りは、長時間煮込んだ特製ブイヨンのものだと光子は教える。その後、光子がスープについて解説するうち、晴子の顔が曇り、やがて、怒りをあらわにするように。そんなことには構わず、光子は絶品のオニオングラタンスープを完成させたが…。

[ad#ad-10]

 

【関連記事】

サブコンテンツ

このページの先頭へ