デスノートエル山崎賢人と松山ケンイチの演技比較!最期に本名が?

2015年7月5日にドラマ版『デスノート』の第1話が放送され、平均視聴率が16.9%をマークするなど、かなり評判になっているようで・・・

 

と思って調べてみましたが、意外と辛らつな意見が多いようですね^^;w今回は・・・

 

  • ドラマ版『デスノート』のあらすじについて!
  • 視聴率は高いけど否定的な感想が多い理由は?
  • エル(L)役の俳優・山崎賢人と松山ケンイチを比較してみた!【演技】
  • ドラマ版『デスノート』でエルの最期はどうなるの?本名は?

 

などなど、ドラマ『デスノート』に関して、気になる疑問に答えていきたいと思います!^^

[ad#ad-1]

ドラマ版『デスノート』のあらすじについて!

まずは2015年7月5日に放送されたドラマ『デスノート』第1話のあらすじについて、ちょこっとご紹介↓

・・・・・・

ドラマ版『デスノート』は、公務員を目指している、平凡な大学生・夜神月(窪田正孝)が主人公であり、高校時代の不良の友達と久しぶりに再会するところから物語りはスタート・・・

 

映画版の「デスノート」では原作漫画に忠実なストーリーでしたが、ドラマ版の場合はかなりオリジナリティのあるストーリー&キャラ設定となっています。

 

その同級生と再開した日の帰り、夜神月(窪田正孝)はとあるノートを拾うことに・・・

 

[ad#ad-2]

そしてそのノートにその同級生の名前を書き、次の日に交通事故にあったという話を警察から聞く。

 

葬儀を見て自責の念がこみ上げてくる夜神月(窪田正孝)だったが、それを受けて喜ぶ同級生の声を聞き、自分が間違っていないと思うようになっていくことに・・・

 

そして、デスノートでの裁きを徐々にエスカレートさせていき、世間ではキラ旋風が巻き起こっていくように・・・

 

そこに正体不明の謎の世界的名探偵・通称L(山崎賢人)が現れ、エルはテレビ越しにライトと対峙。

 

そこで夜神月(窪田正孝)を挑発し、日本の関東にいる事を突き止めてしまったのであった。

 

[ad#ad-3]

・・・・・・

 

はい、ドラマ『デスノート』は原作とはだいぶ違うストーリー展開&キャラクター設定が違うものの、Twitterを初めとしてSNSでの拡散の影響もあり、第1話のオンエア直後に相当話題になりましたね。

 

そして初回放送は平均視聴率は16.9%をマークし、今年の全ドラマのなかでもっとも高い数字を記録しました。

 

なので、「かなり評判が高いのか?」と思いきや、そこまで賞賛のコメントは無いようですね^^;w

 

むしろ、批判の声が多いようで・・・

 

[ad#ad-2]

[ad#ad-3]

視聴率は高いけど否定的な感想が多い理由は?

まずは、ドラマ『デスノート』第1話のオンエア後に、多く寄せられたコメントの一部を紹介しておきます↓

 

 

はい、平均視聴率が16%を超えるドラマでここまで酷評されるドラマは珍しいと思います^^;w

 

また、一般人だけではなく、YouTuberのPDRさんもドラマ『デスノート』をディスる動画をYouTube上にアップするなど、 結構深刻な問題でもありますね。

 

やはり、初回の視聴率が良かったのは、原作漫画のファンが多かったためでしょうね。

 

実写映画化も成功した作品であるので、今回のドラマ化にも注目が集まったんでしょう。

 

なので、第2話以降は視聴率の急降下を止められないでしょうね・・・^^;w

 

はいネット上では散々言われているドラマ版『デスノート』ですが、一番指摘が多いのは、山崎賢人演じるエル(L)の演技についてのようで・・・

 

[ad#ad-4]

エル(L)役の俳優・山崎賢人と松山ケンイチを比較してみた!【演技】

原作の漫画では、アンニュイな雰囲気に目の下にクマがあるガリガリ体型というルックスだったエル(L)。

 

映画版では、原作に忠実に表現されていました↓

 

デスノート エル

 

松山ケンイチさんの演技力も含め、「実写映画ではエル(L)を原作どおりに表現している」と原作ファンの舌をもうならせる仕上がりになっていました。

 

ただ、ドラマ版の場合のエル(L)は、コミュ障でもなければ、しゃべり方も変わっていて、座り方から何からすべてにおいて原作とは違ったものになっていました。

 

原作や実写映画では甘いものが好きなエル(L)でしたが、ドラマでの食事シーンはウィダーを飲むだけでしたし・・・

 

参考までに、原作・映画・ドラマでのエル(L)の座り方の違いを画像で比較してみましょう↓

 

▼原作▼

デスノート 映画

▼実写映画▼

デスノート l 映画

▼ドラマ版▼

デスノート l ドラマ

 

・・・うん、原作ファンが怒るのも無理は無い^^;w

 

ドラマ版『デスノート』でエル(L)を演じている俳優・山崎賢人さんの演技力の無さを指摘する声もありますが、これはどちらかというと、脚本の問題だと思います。

 

設定として、オリジナルな性格・ストーリーを考えるのはいいことだとは思いますが、ここまで手を加えてしまうと、原作漫画ファンはおろか、映画ファンすらも憤慨させるものになってしまっていますね。

 

まあ、それが結果的に第1話の高視聴率にも繋がったわけですが^^;w

 

この作品が、俳優・山崎賢人の人生を変えてしまうことにならないか、心配する声も上がるほどです。

 

個人的な意見ですが、良い意味でも悪い意味でも、このドラマで俳優としての評価は変わるでしょうね。

 

[ad#ad-5]

[ad#ad-6]

ドラマ版『デスノート』でエルの最期はどうなるの?本名は?

さて、そこまでキャラクターに変更が加わったわけですが、ドラマでエル(L)の最期(最後)がどうなるのかについて、気になっている人が多いみたいですね。

 

デスノート エル 最後

 

原作漫画(アニメ)では、ライトの作戦通り、死神のレムにLの名前をデスノートに書かせ、亡き者に・・・

 

最終的にメロとニアがライトを追い詰めて、The Endという展開でした。

 

デスノート 映画 l

 

映画版では、メロ・ニアの2人は登場せず、Lが自身の命をあきらめ(自分の名前をノートに書いて14日後に亡くなるように設定)ることでライトを追い詰める、という展開でした。

 

そしてライトが亡くなった14日後にエル(L)が亡くなる・・・という最期でしたね。

 

・・・・・・

 

今回のドラマでは、原作どおりニア・メロは登場するものの、原作とは違うエル(L)の設定があるため、エルがどんな最後を迎えるのかも、なぞですね^^;w

 

ただ、今回はニア・メロが登場するということもあるので、途中でエル(L)は亡くなり、最終的にニアが追い詰めるという原作どおりの展開になる可能性のほうが高いと思われます。

 

また、原作ではL Lawliet(エル・ローライト)というのが本名なのですが、「ドラマでその名前が変わるのか」、「本名自体ドラマに出てくるのか」、も気になりますね^^w

 

[ad#ad-7]

まとめ【ケスノート動画】

ドラマ『デスノート』は視聴者の8割以上は批判の声を荒げているような作品なわけですが、炎上で数字を集めるというのはある種今後のテンプレートになるかもしれないので、今回のドラマ化に対する注目度は今後もある程度伸びていきそうです^^w

 

関連記事:デスノートのメロが実写ドラマで人形にw声優はニア?性別は?

関連記事:デスノートニア役(ドラマ)の優希美青ってだれ?名前や性別は?

 

じゃ、今回はこの辺で!ではでは^^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ