仰げば尊しドラマキャスト・実話原作高校は?BUMP主題歌・ロケ地・瑞季・1話2話ネタバレあらすじ・視聴率感想

2016年7月クールのドラマが徐々にオンエアスタートしていますが、ドラマ『仰げば尊し』もオンエアが始まるとあって、ネット上では話題に挙がることも増えてきたようですね!

 

というわけで、今回はドラマ『仰げば尊し』の放送日程・放送時間、キャスト(出演者)、実話原作の高校情報、BUMPが担当する主題歌、ロケ地、第1話・第2話のネタバレあらすじ、視聴率、感想・評判などについてまとめていきたいと思います!

[ad#ad-1]

ドラマ『仰げば尊し』 基本情報~放送日程・放送時間、キャスト(出演者)、実話原作の高校情報、BUMPが担当する主題歌など

  • 放送日程、放送時間・・・2016年7月17日(予定)、21時00分~21時54分
  • 出演者(キャスト)・・・寺尾聰、多部未華子、真剣佑、村上虹郎、石井杏奈 (E-girls)、北村匠海 (DISH//)、太賀、佐野岳、矢本悠馬、健太郎、藤原薫、水上京香、岡崎紗絵、尾美としのり、升毅、石坂浩二
  • 脚本、主題歌、原案、監督、プロデューサー、製作著作・・・いずみ吉紘、BUMP OF CHICKEN「アリア」、『ブラバンキッズ・ラプソディー』・『ブラバンキッズ・オデッセイ』、平川雄一朗・福田亮介・吉田健、佐藤善宏(東宝)・大西孝幸(東宝)、東宝株式会社・TBS

 

はい、ドラマ『仰げば尊し』に関して、放送日程・放送時間・キャスト(出演者)・主題歌などの基本情報について、まずは紹介しておきました。

 

キャストに関しては、寺尾聰さん・多部未華子さんというベテランの俳優さんがいる傍ら、真剣佑さん・村上虹郎さん・石井杏奈 (E-girls)さん・北村匠海 (DISH//)さん・太賀さん、健太郎さんなどなど、旬な若手俳優陣が多数出演するんですね!

 

[ad#ad-2]

また、今回のドラマ主題歌を務めるのは、大人気バンド・BUMP OF CHICKENです・・・ドラマの主題歌を務めるのは久しぶりで、なおかつ人気の高いロックバンドですから、主題歌目当てでドラマを見る人も少なくないでしょうね^^w

 

そして、このドラマの原作・原案となった作品は『ブラバンキッズ・ラプソディー』・『ブラバンキッズ・オデッセイ』という作品なのですが、これは実際にあった実話を基にしたストーリーなのだとか・・・。

 

1980年代当時、神奈川県立野庭高校の弱小吹奏楽部に起こった奇跡の実話のお話で、それに今回は脚色を加えてオリジナルドラマとして“奇跡の物語”を表現するとのこと。

 

元サックス奏者の樋熊迎一(寺尾聰)は事故の後遺症の影響で、音楽からは遠ざかっていましたが、荒廃した高校で夢を失いはみだした問題児たちと出会い、問題とぶつかりながらも再び夢を見いだして、吹奏楽指導に励むようになっていき、生徒たちも、樋熊の情熱に報いようと渾身の力で吹奏楽に向き合っていくように・・・

 

というストーリーなんですね・・・なんだか、先生も目標を失っていて、問題児たちと触れ合っていくに連れてお互いに奮起していくところは、ドラマ『Rookies』のような感じですね^^;w

 

今回のドラマは若手俳優陣も多く出演しますから、Rookiesのときのようにこのドラマから人気が爆発する俳優さんも出てくるでしょう・・・色んな意味で楽しみなドラマですね!

 

[ad#ad-3]

ドラマ『仰げば尊し』 第1話・第2話のネタバレあらすじ、視聴率、感想・評判

では、そんなドラマ『仰げば尊し』のストーリーについて、もう少し詳しく見ていきましょうか・・・ドラマの公式サイトに掲載されていた、第1話のあらすじについてみておきましょう↓

 

ある日の横須賀埠頭近くの公園、初老の男の指揮により、少年少女らによるブラスバンドの音が鳴り響く。「やさしく、丁寧に…」と声をかけながら、それでいて情熱的に指導する樋熊(寺尾聰)を興味深く見つめる美崎高校・校長の小田桐(石坂浩二)。定年まで最後の1年、問題の多い美崎高校の生徒と向き合い、よい形で高校生活を送らせてあげたいと切に願っていた小田桐は「今まで子どもたちの目線に合わせて接してきただろうか?」と感じていた。そんな時、樋熊のような人間を学校に迎え、一から指導を見直そうという決意により、美崎高校へ来て欲しいと樋熊へ頼み込む。

その話を聞いた樋熊の娘、奈津紀(多部未華子)は父に反対するが、小田桐の熱意に押された樋熊は、ちょっと覗くような気持ちで美崎高校を訪ねる。すると、ひょんなことから不良グループの青島裕人(村上虹郎)と木藤良蓮(真剣佑)、安保圭太(北村匠海)、高杢金也(太賀)、桑田勇治(佐野岳)と出会った。好き勝手にふるまう彼らの態度を諭そうとする樋熊だが、青島らはまったく相手にせず「ここじゃ、俺たちが法律だ」と、完全に大人をなめ切った態度だ。

そんな彼らに触れた樋熊は、ここ美崎高校で生徒たちと向き合うことを決心。全校生徒の前で元プロのサックス奏者だったと紹介された樋熊は「もっと今という時間を大切にして夢中で生きてみませんか?」と呼びかけた。そんな樋熊の言葉に心を動かされた吹奏楽部の部長、有馬渚(石井杏奈)は、吹奏楽部の顧問になってほしいと頭を下げる。
ほどなく、樋熊の指導による部活が始まるが…。

引用元URL:http://www.tbs.co.jp/aogeba-toutoshi/story/

 

また、一般の方の声も見ておくと↓

 

 

はい、Twitter上に書き込まれていたコメントの一部を紹介したわけですが、やはりキャスト・主題歌に注目している人が多いな、と感じますね・・・ストーリーに対する期待度はそこまで高くはないようですが、裏番組のドラマ『HOPE』との視聴率対決には注目が集まります!^^w

 

[ad#ad-4]

[ad#ad-5]

ドラマ『仰げば尊し』 ロケ地

最後に、ドラマ『仰げば尊し』のロケ地情報についてみていきたいと思います・・・まず、Twitter上に書き込まれていた、ロケ地目撃談や周辺の情報について紹介しておきます↓

 

 

はい、横須賀での目撃情報が多いですね・・・横須賀中央モアーズシティというショッピングモールでの目撃談があり、横須賀周辺では「撮影を見た」という声が後を立ちません。

 

他にも、原作となった実話の高校は廃校になってしまったのでロケ地には使えないようですが、高校の舞台として千葉県立館山総合高等学校水産校舎が使われているようですね。

 

[ad#ad-6]

おそらく、今後も横須賀周辺での撮影が多いんじゃないか、と思うので、ロケ地見学をしたい人は横須賀ではっているとバッタリロケに遭遇、なんてことがあるかもしれませんよ?^^w

 

[ad#ad-7]

【関連記事】

 

じゃ、今回はこの辺で!ではでは^^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ