ラヴソング第7話8話ネタバレあらすじ・視聴率・キャスト感想評判評価

月9ドラマ『ラヴソング(ラブソング)』の第6話が2916年5月16日に放送されましたね・・・月9としては視聴率が低いと話題のこのドラマですが、視聴者の注目度はグイグイあがってきているようですね!

 

今回の記事では、月9ドラマ『ラヴソング(ラブソング)』の第6話ストーリーおさらい、第7話・第8話のネタバレあらすじ、視聴率速報・推移、キャスト感想・評判・評価などについてまとめていきたいと思います!^^

[ad#ad-1]

月9ドラマ『ラヴソング(ラブソング)』 第6話ストーリーおさらい【2016年5月16日】

神代広平(福山雅治)は、レコード会社に勤める弦巻竜介(大谷亮平)にラブソングを作るように言われたので、宍戸夏希(水野美紀)にキーボードを借りて準備を始めることに・・・神代は、夏希から「またさくらちゃんのこと追い詰めちゃうんじゃないかしら」と言われていたが、作業を着々と進めるのだった・・・。

またその一方で、佐野さくら(藤原さくら)と天野空一(菅田将暉)の2人のことを、中村真美(夏帆)は仲直りさせようとしていた・・・そこで、野村健太(駿河太郎)もアパートに呼んで、食事会を開くことに・・・しかし、真美の心配とは裏腹に、すでにさくらと空一の2人は関係を修復済みで、さくらが別のレコード会社から声をかけられたことを、空一から知らされた真美・・・。

しかし、真美は食事回の帰り、健太と一緒に話していた・・・空一がさくらのことを好きだという事、一方のさくらは空一ではなく神代のことを好きだという事・・・それは、健太にもわかるほど明白であった。

そんなある日、神代はさくらを呼び出して、曲の打ち合わせをすることに・・・カフェで会うと、昔の恋人と思われる綺麗な女性と話している神代の姿を見ることになったさくら・・・それを受けて、さくらは神代の女性関係や過去の恋愛について興味を持ち始めるのだった・・・そして、さくらに質問された神代は、「過去に一人だけ真面目に惚れた女性がいる」と言った・・・その返答にドキッとしたさくらだったが、神代には話をそらされてしまった・・・。

神代は、さくらのことを自分が住んでいるマンションに連れて行き、作曲用の機材セッティングを手伝ってもらうために増村泰造(田中哲司)もつれていた・・・そして、さくらを助手にして増村がセッティングを始めると、神代はキーボード前ですぐに作曲を始め、2人の存在も忘れたかのように没頭し始めるのだった・・・。

そして、「ラブソングの歌詞を書いてみないか」と神代から言われたさくら・・・その日から、さくらは仕事のスキマ時間や夜寝る前を使って歌詞を考える毎日が続いた・・またその一方で、神代も作曲を仕上げる作業に毎日没頭していた・・・。

そして、完成した詞を神代にメールで送ったさくら・・・神代はさくらが作った詞を見て、作っていた曲を捨てて、またあらたな曲を作り始めた・・・そしてほどなくして、神代の作曲、さくらが歌詞を担当するラブソング『ブルームーン』の作成がスタートした。

作詞にこだわるさくらに対して、締め切りにこだわっている神代はさくらのことをせかしてしまったりして、いろいろと難しいことも多かった・・・気分展開に二人で外に出かけて、気持ちをリセットし、ふたたび曲作りを再会し、ついに曲が完成・・・しかし、その曲をめぐって新たに問題が発生することになり・・・。

 

[ad#ad-2]

[ad#ad-3]

月9ドラマ『ラヴソング(ラブソング)』 第7話・第8話のネタバレあらすじ【2016年5月23日・5月30日】

神代広平(福山雅治)が佐野さくら(藤原さくら)に作った曲。それは、宍戸夏希(水野美紀)の亡き姉に、かつて神代が用意した曲をアレンジしたものだった。それに気づいた夏希にわだかまりが生まれる。
さくらのレコーディングは順調に進み、『S』で新曲のお披露目会が開かれた。弦巻竜介(大谷亮平)は20年近く音楽から離れていたのに良い曲が作れたと、神代は天才だとたたえる。さくらも同意するのだが、夏希は複雑な心境。すると、弦巻は自社のトップアーティストが神代の曲に興味を持っていると伝えた。

傍で、天野空一(菅田将暉)は笹裕司(宇崎竜童)にギターを教えて欲しいとねだる。快く承知する笹は、さくらのデビューに一役買った褒美と、空一にウイスキーのボトルを店のキープ用に一本プレゼントした。

さくらは、中村真美(夏帆)と話していた。真美の婚約者、野村健太(駿河太郎)は仕事の都合で現れていない。すると、真美の携帯に野村からの電話が着信。真美が野村と揉め始めたので、トイレに向かったさくらは増村泰造(田中哲司)とすれ違う。その時、増村はさくらに声の不調を尋ねる。頷くさくらに、耳鼻咽喉科医の増村は病院へ診察に来るよう促した。
アパートに帰ると、真美はさくらの詞は神代への気持ちを綴ったものだろうと話す。否定はしないさくらだが、神代に思いは伝わっていないと答えた。すると真美は、神代へ積極的にアプローチするようアドバイスするが…。

引用元URL:http://www.fujitv.co.jp/lovesong/story/index07.html

 

はい、2016年5月23日オンエア予定のドラマ『ラヴソング』第7話のあらすじについても見ていきました・・・5月30日オンエア予定の第8話についてはこちらから⇒ラブソング第8話9話ネタバレあらすじ・視聴率感想!ナイナイ岡村隆史がw

 

[ad#ad-4]

[ad#ad-5]

月9ドラマ『ラヴソング(ラブソング)』 視聴率速報・推移、キャスト感想・評判・評価など~

では、月9ドラマ『ラヴソング(ラブソング)』の第6話(2016年5月16日オンエア)を受けて、視聴者がどういった感想を抱いているのか、生の声もご覧頂きましょう・・・↓

 

 

はい、ドラマ『ラブソング』の第6話 がオンエアされた、、2016年5月16日にTwitter上に書き込まれていたコメントの中から、代表的なものを抜粋してご紹介しておきました!

 

[ad#ad-6]

視聴率が低いと話題のドラマ『ラヴソング』・・・「つまらない」等のコメントが多いのかと思いましたが、キャストやストーリーを賞賛する声が多いとわかりますね・・・また、これまでの視聴率推移についてみてみると・・・↓

 

  • 第1話の視聴率・・・10.6%
  • 第2話の視聴率・・・9.1%
  • 第3話の視聴率・・・9.4%
  • 第4話の視聴率・・・8.5%
  • 第5話の視聴率・・・8.4%

 

5回分の平均値は9.34%ですから、月9というハードルを考えると、やはり低い数字をウロウロしている感が否めませんね・・・打ち切りはないかもしれませんが、この分だと低空飛行のままゴールしてしまう可能性がたかいでしょう・・・^^;w

 

[ad#ad-7]

【関連記事】

 

じゃ、今回はこの辺で!ではでは^^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ