ラヴソング3話4話ネタバレあらすじ・月9ラブソング吃音感想・視聴率!

月9ドラマ『ラヴソング(ラブソング)』の第2話の放送が、2016年4月18日にオンエアされ、視聴者からの注目度がまたあがってきておりますね!

 

そこで今回は、月9ドラマ『ラヴソング(ラブソング)』の第3話・第4話のネタバレあらすじ、吃音をテーマにしたことに対する感想・評価、視聴率速報などについてまとめていきたいと思います!^^

[ad#ad-1]

月9ドラマ『ラヴソング(ラブソング)』 第2話のストーリーおさらい【2016年4月18日】

神代広平(福山雅治)はライブハウス『S』で宍戸夏希(水野美紀)たちと飲んでいる。ステージでは若手バンドが演奏。そんな中、マスターの笹裕司(宇崎竜童)が、ダイヤの原石のようなミュージシャンはいないものかと愚痴る。『S』ではライブ出演者を募集していた。一瞬、顔を見合わす神代と夏希。しかし、増村泰造(田中哲司)が若手バンドに絡み、現場は乱闘騒ぎになってしまった。
佐野さくら(藤原さくら)は天野空一(菅田将暉)のアパートへ。以前、空一に売りつけたギターを取り戻すためだ。返す、返さないと揉めた挙句、ギターを手にしたさくらは楽しそうに帰って行く。

~中略~

夏希に会う前に、神代とさくらは食事。神代はさっさと注文を済ませるが、さくらは中々出来ない。後ろの客に急かされ焦るさくらは、神代と同じものを注文。すると神代はさくらに、本当は何を食べたかったのかと尋ねる。答えるさくらに、神代は注文にかかるのは7秒だと言う。7秒に自信を持てる勇気が出ればと、神代は続け…。

引用元URL:http://www.fujitv.co.jp/lovesong/story/index02.html

 

[ad#ad-2]

[ad#ad-3]

月9ドラマ『ラヴソング(ラブソング)』 第3話・第4話のネタバレあらすじ【2016年4月25日・5月2日】

第2話の続き~第3話ではどういった展開になったのか・・・印象的だった後半部分のライブハウスでのシーンのあらすじをご紹介しておきます↓

 

・・・・・・

ついに迎えたさくらのライブ本番当日、さくらは神代を誘って、2人で談笑することに・・・そこで、さくらは「このままじゃ歌える気がしない」と一言・・・。

 

すると神代は、そんなさくらの発言を受けて、「やっぱ、今夜やめとくか」というのだった・・・しかしさくらは、「でも、歌いたい」という・・・。

 

「じゃあどうする・・・俺どっちでもいいよ」、神代がそう続けたのを受けて、さくらはもじもじしながら一言、「先生のこと思って歌っても良いですか?」

 

[ad#ad-5]

さくらは、「コレで歌えたら次にすすめる気がする・・・」と言い、神代もそれを受け、「次に進むか・・・じゃあ、今夜は君だけを思ってギターを弾く・・・行くぞさくら」と奮起するのだった。

 

ライブも大盛況で、最後に500マイルを歌うさくら・・・アンコールをしてもよかった雰囲気だったが、神代はさくらひとりを取り残して舞台を降りるのだった・・・さくらは逃げるように舞台から降り、トイレですすり泣き・・・。

・・・・・・

 

2016年4月25日にオンエア予定の第3話のネタバレあらすじについてご紹介しておきました・・・第4話のあらすじについても、わかった段階でご紹介していきますね!^^

 

[ad#ad-4]

月9ドラマ『ラヴソング(ラブソング)』 吃音をテーマにしたことに対する感想・評価、視聴率速報

では、そんな月9ドラマ『ラヴソング(ラブソング)』に対する視聴者からのコメントについても見ていくことにしましょうか・・・↓

 

 

はい、第2話がオンエアされた2016年4月18日にTwitter上に書き込まれていたコメントのなかから、一部を抜粋してご紹介しておきました!

 

[ad#ad-6]

視聴者は吃音(どもり)に対するイライラを感じている人が多いみたいですが、それくらい演技がリアルで世界観に引き込まれるという点では、かなり評価されていると考えて良いでしょうね^^w

 

ただ、視聴率的にはそこまでよくなかったみたいですね・・・月9の歴史のなかでも、かなり低いほうです・・・視聴率速報の結果についてもご紹介しておくと・・・↓

 

  • 第1話の平均視聴率・・・10.6%

 

打ち切りを心配するほど低い数値ではありませんが、月9というハードルを考えると、このままだとまずいですね・・・これからの浮上に期待です^^;w

 

[ad#ad-7]

【関連記事】

 

じゃ、今回はこの辺で!ではでは^^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ