一年半待てネタバレあらすじ結末・ドラマ松本清張キャスト・視聴率感想

金曜プレミアム・松本清張スペシャルドラマ『一年半待て(1年半待て)』の放送が、2016年4月15日にオンエアされるとあって、ネットでは話題に挙がることが増えてきていますね・・・!

 

そこで今回は、金曜プレミアム・松本清張スペシャルドラマ『一年半待て(1年半待て)』の放送日程・放送時間、原作、キャスト(出演者)、ネタバレあらすじ・結末、視聴率速報、感想・評価などについてまとめていきたいと思います!

[ad#ad-1]

金曜プレミアム・松本清張スペシャルドラマ『一年半待て(1年半待て)』 基本情報~放送日程・放送時間、原作、キャスト(出演者)など

  • 放送日程、放送時間・・・2016年4月15日、21時00分~22時52分
  • 出演者(キャスト)・・・菊川怜、雛形あきこ、戸次重幸、前川泰之、ふせえり、松澤一之、近江谷太朗、春海四方、渋川清彦、寺田農、ジュディ・オング、石田ひかり
  • 原作、脚本、編成企画、演出、プロデュース、製作、製作著作・・・松本清張「一年半待て」(新潮文庫「張込み」所収)、ジェームス三木、羽鳥健一、西浦正記、中山ケイ子・郷田悠、フジテレビ、FCC

 

[ad#ad-2]

金曜プレミアム・松本清張スペシャルドラマ『一年半待て(1年半待て)』 あらすじ

弁護士・高森滝子(菊川怜)にある日、一つの弁護依頼が舞い込んでくる…。

保険会社勧誘員、須村さと子(石田ひかり)が無職の夫・要吉(渋川清彦)の殺害容疑で逮捕された。事件の夜、酒癖の悪い要吉が酔っ払って、妻のさと子に殴る蹴るの暴行を働いた。さと子は、家庭内暴力、いわゆるDVから、一人息子のタカシ(鴇田蒼太郎)を守るため、止む無く夫殺害に至ったと言うのだ。

~中略~

迎えた判決日。裁判長が重い口を開く…。「主文、被告人を懲役三年に処する。ただし、この裁判が確定した日から二年間、その刑の執行を猶予する」。さと子の目から涙がこぼれる。事実上の勝利を得た裁判だったが、まだ正当防衛で無罪を主張し控訴することもできる、という滝子に、さと子は“裁判は一事不再理ですよね”と問う。そして、「タカシのことを考えると、これ以上、裁判を続けるのは辛い。もう人目にさらされたくない」と控訴しないことを決意する。世間から注目され敏腕弁護士の名をほしいままにした滝子には、参議院選挙への出馬打診の話まで舞い込み、政界進出の目も。これですべてが終わったと誰もが思った…。

しかしある日、滝子の自宅に鳴り響いた一本の電話。それは誰もが予想し得ない、おぞましい悲劇の始まりを告げる電話だった…。

引用元URL:http://www.fujitv.co.jp/1nenhan/

 

[ad#ad-3]

[ad#ad-5]

金曜プレミアム・松本清張スペシャルドラマ『一年半待て(1年半待て)』 ネタバレ結末・ラストシーン

では、『一年半待て(1年半待て)』の原作ではいったいどんな結末を迎えたのか・・・ネタバレを含む内容をご紹介していきますね↓

 

執行猶予判決で再審を控訴したが、これはすべてさと子の計画通りであった・・・無職の夫は仕事もせずに紐状態であり、しかもバーのママと不倫をしていて、お金は使いまくるという始末だったのだ。

そんな中、ある男性から結婚を申し込まれたが、夫はなかなか離婚してくれなかったため、今回の事件を計画したのである・・・そして、その時に結婚を申し込んだ男性には「一年半待って」と伝えたのだった・・・。

計画の内容は、

  1. 夫婦の行為を半年拒絶する
  2. 先輩のバーへ夫を半年もの間、通わせて不倫をさせる
  3. ヒモの状態であり、なおかつ不倫をしていたこと、DVが行われたところで実行に移す。
  4. 裁判の判決まで半年

というもの。

その結果、一年半で夫と別れることができたのである・・・しかし、その男性はさと子の元から去って行ってしまうのであった・・・。

 

ドラマ版ではオリジナルのラストを迎える可能性もありますが、原作どおりならこのようなラストを迎えるんですね・・・実際の放送が楽しみです!^^w

 

[ad#ad-4]

金曜プレミアム・松本清張スペシャルドラマ『一年半待て(1年半待て)』 視聴率速報、感想・評価はどうなる!?

では、金曜プレミアム・松本清張スペシャルドラマ『一年半待て(1年半待て)』に対して、一般の方からどんなコメントが寄せられているのか、見てみましょうか↓

 

 

はい、金曜プレミアム・松本清張スペシャルドラマ『一年半待て(1年半待て)』に対してTwitter上に書き込まれていたコメントの一部をご紹介しておきました!

 

[ad#ad-6]

前回の違うシリーズを見て興味を持った、という人が多いみたいですね・・・ただ、コメント数的にはそこまで多くないので、数字的に評価されるかどうかは、疑問が残ります・・・。

 

視聴率速報が出てみないと分かりませんが、そこまで高い数字は獲得できないかもしれませんね・・・ただ、12%くらいは獲得しておきたいですかね^^;w

 

[ad#ad-7]

【関連記事】

 

じゃ、今回はこの辺で!ではでは^^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ