ちはやふる映画ネタバレあらすじ結末・上の句キャスト感想・原作は?

映画『ちはやふる<上の句>』が2016年3月19日から全国ロードショーで公開になりますね!

 

それにあたり、今回は映画『ちはやふる<上の句>』の原作、主題歌、キャスト、ネタバレあらすじ・結末、感想・評価などについてまとめて行きたいと思います!^^

[ad#ad-1]

映画『ちはやふる<上の句>』 基本情報~公開日、原作、主題歌、キャスト相関図など・・・

0dadb5e369fe7d26e95b6a48bff31a44 300x225 ちはやふる映画ネタバレあらすじ結末・上の句キャスト感想・原作は?

  • 劇場公開日・・・2016年3月19日(土曜日)
  • 原作、監督・脚本・・・『ちはやふる』(末次由紀著・講談社「BE・LOVE」連載)、小泉徳宏
  • 出演者(キャスト)・・・広瀬すず、野村周平、松岡茉優、真剣佑、矢本悠馬、森永悠希、上白石萌音、坂口涼太郎、清水尋也、松田美由紀、國村隼
  • 主題歌、音楽・・・Perfume「FLASH」、横山克

 

はい、まずは映画『ちはやふる<上の句>』の原作漫画・主題歌・キャストなどの基本情報についてご紹介しておきました。

 

[ad#ad-2]

主演を務めるのは、いまノリにノッている広瀬すずさん、脇を固めるのは野村周平さん・松岡茉優さん・真剣佑さんなど、話題性抜群な俳優陣が勢ぞろいしていますね。

 

▼映画『ちはやふる<上の句>』のキャスト相関図▼

9b88160ec7bc1ab9dd43c90c99c7bced 300x218 ちはやふる映画ネタバレあらすじ結末・上の句キャスト感想・原作は?

 

また、主題歌を務めるのはPerfume・・・今回の映画のために書き下ろされた新曲「FLASH」は『ちはやふる』の世界観を盛り上げてくれるような聞き心地の良い曲調に仕上がっています。

 

 

この曲を聴いただけでも、映画を見るのと同じくらいの臨場感があります・・・それくらい、世界観を表現できているということなんでしょうね^^w

 

では、あらすじについても紹介していきましょう。

 

[ad#ad-3]

映画『ちはやふる<上の句>』 ネタバレあらすじ・結末

綾瀬千早(広瀬すず)、真島太一(野村周平)、綿谷新(わたやあらた/真剣佑)の3人は小さい頃からずっと一緒の幼なじみで、新に教わった“競技かるた”で、昔からいつもずっと一緒に遊んでいた。

 

そして新の“競技かるた”に懸ける情熱を見て、千早は「夢を持つ」ということを教わることに・・・するとそんな矢先、新が家の事情で故郷の福井へ戻ることになり、はなればなれになってしまうことに・・・。

 

千早の、「もう一度、新に会いたい・・・会って『強くなったな』と言われたい」という想いが情熱に変わったとき、百人一首の世界のごとく、千早の見ていた世界が煌びやかに色づき始めるのだった・・・。

 

その後、千早は高校生になり、新に会いたい一心で“競技かるた部”創部を決意して、高校で再会することになった太一と一緒に、部員集めに奔走することに・・・すると、呉服屋の娘で古典大好き少女・大江奏(上白石萌音)、小学生時代に千早たちと対戦したことのある、競技かるた経験者で“肉まんくん”こと、西田優征(矢本悠馬)、太一に次いで学年2位の秀才・“机くん”こと、駒野勉(森永悠希)を必死に勧誘して、5名の部員をなんとか集めて、創部に成功することに・・・。

 

[ad#ad-5]

そんな、初心者もいる弱小チームながらも、千早・太一が率いる”競技かるた部”は全国大会を目指して練習に励み、東京都予選に臨むことになった。

 

新に対する千早の気持ちを知っていながら、太一はかるた部創部を応援して部長になることに・・・彼もまた、「千早に自分の気持ちを伝えたい」という思いを胸に抱いていたが、新に勝たなければ前に進むことが出来ない・・・。

 

それぞれの思いを抱えた千早、新、太一の3人、そして瑞沢高校かるた部の、まぶしいほどに一途な想いと情熱が交錯する、熱い夏が始まった・・・。

 

・・・・・・

 

はい、映画『ちはやふる<上の句>』のあらすじについてご紹介しておきました・・・今回の映画は二部構成で、下の句で結末を迎えるとのことです。

 

[ad#ad-4]

映画『ちはやふる<上の句>』(第一部) 感想・評価など・・・動員数・興行収入はどうなる?

では、そんな映画『ちはやふる<上の句>』に対するネット上のコメントも見ていきましょうか。

 

 

はい、映画『ちはやふる<上の句>』の公開直前にTwitter上に書き込まれていたコメントの一部を抜粋して紹介しておきました。

 

[ad#ad-6]

原作が非常に人気の高い漫画だったので、賛否両論あるようですが、どちらかというと楽しみにしているという人が多いみたいですね!

 

試写会に行った人の評価としても、「面白かった」・「キャストがよかった」など、好感触な印象です・・・なので、かなり動員数・興行収入には期待していいんじゃないでしょうかね?^^w

 

[ad#ad-7]

1ヵ月後には第二部(下の句編)も公開になるので、それに向けて好発進でスタートを切ってくれると思います。

 

【関連記事】

 

じゃ、今回はこの辺で!ではでは^^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ