ジャックと天空の巨人ネタバレ映画あらすじ結末・評価感想・地上波視聴率・吹き替え声優は?

映画『ジャックと天空の巨人』が地上波で初オンエアになるとあって、ネット上でも話題に上がることが増えているようですね!

 

そこで今回は、映画『ジャックと天空の巨人』のネタバレあらすじ・結末、評価感想、地上波放送の視聴率、吹き替え声優などなど、気になる話題についてまとめて行きたいと思います!^^

[ad#ad-1]

映画『ジャックと天空の巨人』 基本情報~地上波放送日程・放送時間、吹き替え声優など

  • 地上波放送日程、放送時間・・・2016年1月29日、21時00分~22時54分
  • 監督、脚本、原案・・・ブライアン・シンガー、ダレン・レムケ、クリストファー・マッカリー、ダン・スタッドニー、ダレン・レムケ、デヴィッド・ドブキン
  • 声優・・・ジャック:ニコラス・ホルト(ウエンツ瑛士)、イザベル姫:エレノア・トムリンソン(平愛梨)、エルモント:ユアン・マクレガー(森川智之)、ロデリック卿:スタンリー・トゥッチ(内田直哉)、クロウ:エディ・マーサン(咲野俊介)、ウィック:ユエン・ブレムナー(檀臣幸)、ブラムウェル王:イアン・マクシェーン(佐々木勝彦)、ファロン将軍:ビル・ナイ(ガレッジセール・ゴリ)、ファロン将軍(小さい方の頭):ジョン・カーサー(佐藤せつじ)、フィー:コーネル・ジョン(スリムクラブ・真栄田賢)、ファイ:アンドリュー・ブルック(千原兄弟・千原せいじ)、フォー:アンガス・バーネット(博多華丸・大吉)、ファム:ベン・ダニエルズ(南海キャンディーズ・山里亮太)

 

[ad#ad-2]

映画『ジャックと天空の巨人』 あらすじ

何百年も前の昔のこと・・・地球には普通の人間以外にも巨人が存在していて、巨人たちもまた地上で生活していた。

 

そんなある日、とある青年が人間界と巨人界を隔てている扉を開けてしまったことがきっかけで、巨人たちは地球自分たちのものにしようと人間を襲撃してくるのだった・・・。

 

主人公・ジャック(ニコラス・ホルト/ウエンツ瑛士)は、王国を守るために巨人たちを相手に戦うことを決意することに・・・100人の巨人の猛攻撃を抑えうつのは、たった300人の人間たち・・・。

 

果たして、人間に勝機はあるのだろうか・・・?

 

[ad#ad-3]

映画『ジャックと天空の巨人』 ネタバレ結末

では、最後に映画『ジャックと天空の巨人』の結末についてネタバレを含むあらすじをご紹介しておきます・・・↓

 

巨人たちとの戦いの末、人間たちはなんとか王国まで逃げ帰ってきた・・・しかし、巨人の攻撃はあまりにも強く、人間の力では歯が立たなかった・・・。

 

やはり人間たちの力では抑えることが限界になり、ついに巨人達は地上にある王国の中心部へと入り込んでくるのだった・・・。

 

[ad#ad-5]

しかしその間、ジャックは巨人達とほかの人間たちが争っている内に、巨人の王の証・王冠を奪い取り、手にしていた・・・そして、その王冠をかぶったジャックが巨人たちの前に登場・・・。

 

巨人たちに、「もといた場所に戻るれ」とジャックが命令し、巨人達は天空へと戻っていくのだった・・・最後には、ジャック(ニコラス・ホルト/ウエンツ瑛士)とイザベル(エレノア・トムリンソン/平愛梨)は結婚しハッピーエンドに・・・。

 

[ad#ad-4]

映画『ジャックと天空の巨人』 評価感想、地上波放送の視聴率

では、そんな映画『ジャックと天空の巨人』に対する感想・評価についても見ていくことにしましょうか!^^

 

 

はい、Twitter上に書き込まれていた、映画『ジャックと天空の巨人』に対して寄せられたコメントのなかで、代表的なものをピックアップしてご紹介しておきました!

 

[ad#ad-6]

実際に見た人のコメントとしては、「面白かった」など高評価の声が非常に多かったですね!^^

 

地上波初オンエアにも注目が集まっていますし、この分だと視聴率的にも気になりますね・・・裏番組にはそれほど強いものもありませんし、平均視聴率15%くらいは獲得できるかもしれません^^w

 

[ad#ad-7]

【当記事を見た人が続けて興味を持って見た他の記事続き・・・】

じゃ、今回はこの辺で!ではでは^^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ