信長協奏曲 映画ネタバレあらすじ結末・原作キャスト・感想・主題歌!

映画『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』が2016年1月23日に公開になりましたね!

 

そこで今回は、映画『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』の出演者(キャスト)、相関図、主題歌、ネタバレあらすじ・結末、感想・評価などについてまとめていきたいと思います!^^

[ad#ad-1]

映画『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』 基本情報~公開日、出演者(キャスト)、主題歌、原作情報など

  • 公開日・・・2016年1月23日~2016年??月??日
  • 出演者・・・小栗旬、柴咲コウ、向井理、水原希子、藤ヶ谷太輔、古田新太、濱田岳、髙嶋政宏、山田孝之、でんでん、勝矢、阪田マサノブ、阿部進之介、北村匠海
  • 原作、脚本、監督、石井あゆみ『信長協奏曲』(小学館「ゲッサン」連載中)、西田征史・岡田道尚・宇山佳佑、松山博昭
  • 音楽、主題歌・・・☆Taku Takahashi(m-flo)、Mr.Children『足音 ~Be Strong』(TOY’S FACTORY)
  • 製作、エグゼクティブプロデューサー、プロデューサー・・・石原 隆・久保雅一・市川南、臼井裕詞、稲葉直人・村瀬 健・古郡真也
  • 撮影、証明、録音、美術、装飾・・・江原祥二、杉本 崇、武進、清水 剛、秋田谷宣博
  • 衣裳デザイン(小栗 旬/山田孝之)、衣装、小道具澤田石和寛、大塚 満、酒井 譲・松永一太
  • 編集、VFXプロデューサー、VFX・・・平川正治、赤羽智史、西尾健太郎
  • 選曲、音響効果、記録・・・泉 清二、壁谷貴弘、中田秀子
  • 監督補、助監督、製作担当・・・杉山泰一・宮村敏正、三橋利行、佐藤龍春
  • 製作:フジテレビジョン、製作プロダクション、配給・・・東宝・小学館・FNS27社、FILM、東宝
  • 原作情報・・・石井あゆみ作・『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』

 

[ad#ad-2]

映画『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』 キャスト相関図

映画『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』 キャスト相関図

 

[ad#ad-3]

映画『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』 ネタバレあらすじ・結末

戦国時代にタイムスリップした高校生・サブロー(小栗旬)は、奇しくも同じ顔をした織田信長(小栗二役)と出会い、信長として生きることになってしまう。はじめは逃げ腰だったサブローであったが、戦の惨状を目の当たりにするにつけ、織田信長として生きる覚悟を決め、戦のない世をつくろうと思い始める。歴史音痴のサブローは、史実を知らないまま、桶狭間、上洛、金ヶ崎、浅井朝倉との戦い……と歴史通りのことを成して、ついに安土城を完成させた。これで天下統一も間近と思った矢先、ふと手にした歴史の教科書で自分(=織田信長)がもうすぐ死ぬ運命にあることを知る。信長を狙う敵は多い。彼を怨んで暗殺の機を窺う秀吉(山田孝之)や、彼に嫉妬する本物の信長・明智光秀(小栗旬)も虎視眈々と彼の寝首をかこうと狙っていた。光秀は、自ら信長の座を手放したにも関わらず、恒興(向井理)をはじめとする家臣の信頼や妻・帰蝶(柴咲コウ)の愛を勝ち得ているサブローに憎しみを抱くようになっていたのだ。死が迫りくる中、信長は運命に抗い、生き抜こうと決意。その思いの表れとして、帰蝶との結婚式を企画する。その場所は京都・本能寺。それを知った秀吉は、光秀に本能寺で信長を討つことを提案するのだった・・・。刻一刻と戦況は激しくなっていく。信長は歴史を変え、平和な国を築くことができるのか1582年、本能寺で彼を待ち受けるものとは・・・?

引用元URL:http://nobunaga-concerto-movie.com/

 

はい、 映画『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』のあらすじについてご紹介しておきました!

[ad#ad-5]

 

個人的な結末の予想としては、

サブローの一生懸命さに心を打たれた本物の信長が、改心して桶狭間の戦いのときにサブローと入れ替わり、結局サブローは助かって歴史どおりのストーリーに戻る。

というようなラストになるんじゃないかな、と思っています。

 

[ad#ad-4]

 映画『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』 感想・評価

では、そんな 映画『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』に寄せられた、一般の方からのコメントについても見ていきましょうか!^^

 

 

はい、映画『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』に対して、Twitter上に書き込まれていたコメントの一部を抜粋してご紹介しておきました!^^

 

[ad#ad-6]

ドラマ時代から何かと話題になる作品でしたし、ドラマ時代からのファンの注目度は非常に高いようですし、ドラマを見ていなかったという方からの注目度も高いみたいです!

 

なので、動員数・興行収入的な意味でも期待して良い映画だと思います・・・公開後、数字的にどんな評価を得るのか、というところにも注目したいですね!^^w

 

[ad#ad-7]

じゃ、今回はこの辺で!ではでは^^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ