最強スポーツ男子頂上決戦2015跳び箱ゲスト出場者に武井壮?視聴率

TBS系『究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦2015』の放送が、2015年12月23日にオンエアされます!

 

そこで、今回は『最強スポーツ男子頂上決戦2015』のゲスト出場者や放送日、競技、視聴率、感想・評価などについてまとめていきます!^^

[ad#ad-1]

『最強スポーツ男子頂上決戦2015』 基本情報~ゲスト出場者、放送日、競技、放送内容など

  • 放送日時、放送時間・・・2015年12月23日、夜7時56分~10時54分
  • 主宰(MC)、ゲスト・・・観月ありさ、佐野ひなこ
  • 出場者(出演者)・・・関口メンディー、森渉、佐野岳、池谷直樹、魔裟斗、久保田秀敏、大貫勇輔、井上正大、ロビン、栗山航、上遠野太洸、永瀬匡、平田雄也、高畑裕太、横浜流星、勧修寺玲旺
  • 競技種目・・・ザ・フェンス、モンスターボックス、ハードジャンパー、パワーウォール、ショットガンタッチ、ヘビープレス(新競技)

 

はい、TBSテレビ『究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦2015』の基本情報についてまとめておきました!

 

主宰は観月ありささん、ゲストに佐野ひなこさんを迎え、運動神経抜群の男性芸能人が出場者に名を連ねていますね・・・武井壮さんは、今回は出演しない模様^^;w

 

3連覇がかかっている関口メンディーさんに注目が集まります・・・では、続いて競技種目ごとの見どころについてご紹介していきます!^^

 

[ad#ad-2]

第一競技 「ザ・フェンス」(金網をよじ登る)

地上15メートルの金網をよじ登りタイムを競う・・・絶対的なスピードを誇る佐野の前に、10秒台をマークする選手が今年は続出し大混戦の模様!

 

競技内容

前腕筋の限界に挑む写真この競技は、第2回大会から登場したスピード系種目で、16名全員が参加し握力を競い合います。

 

高さ15メートルの金網をいかに早く登るかが問われるタイムレース・・・2名ずつで行われ、45度手前に反り返った「レッドゾーン」をいかに素早く上るかが勝敗を分ける競技です。

 

第二競技 「モンスターボックス」(跳び箱)~池谷直樹が敗北の危機!?

今回、跳び箱18段を跳んだ選手は6名と過去最高の記録をたたき出したようです・・・常連の佐野、森らに加えて、初参加の若手俳優がまさかの新記録乱立に波乱の展開が・・・。

 

競技内容

筋肉番付、スポーツマンNO.1など数々の番組でも登場したことがあるご存知モンスターボックスは、1番高い段数を跳んだ者が勝者となります。

 

ルールはシンプルで、13段から1段ずつ挑戦していき、16段までは試技が1回、17段より試技が2回に。

 

[ad#ad-3]

第三競技 「ヘビープレス」(新種目)

今回から始まった新種目で、ハードジャンパーを勝る新種目として新しく登場しました。

 

200㎏の重さを2分半もの間、根性で耐える選手達の全身からは尋常ではない汗と、筋肉の震えは尋常なものではありません。

 

競技内容

200㎏の重さを体で支える新種目で、写真前回大会で嵐を呼んだ「ハードジャンパー」を勝る超過酷な競技・・・今回は新種目ということで、出場者16名全員が参加するとのこと。

 

4人1組で予選を行って、各組でより長く跳び続けた勝者で決勝を行い、2分半の間に、流れ落ちる玉(計200㎏)を、最終的に1人になるまで支え続けるハードな種目です。

 

第四競技 「ハードジャンパー」

回転するホイールについた4枚のハードルを跳び続ける最も過酷な種目で、前回大会は最も過酷な新種目として登場した競技でもありますね。

 

競技説明

前回大会から登場した新種目で。こちらの競技も16名全員が参加することになっていて、回転するホイールに取り付けられた4枚の地上40cmのハードルを1秒間で跳び続けるという跳躍系種目。

 

4人1組で予選をしてから、各組でより長く跳び続けた勝者で決勝を行い、持久力・精神力が試されるスポダン史上最も過酷な種目と言われている競技ですね。

 

この種目終了後判定がなされ、総合ポイント下位の8人が脱落して、第5種目へ上位8名が進出できるというシステムにもなっています。

 

[ad#ad-5]

第五競技 「パワーウォール」

パワーだけで壁を押し合い陣地を奪う競技で、前回優勝者のEXILEメンディーが、前回大会ではトップの成績を誇りました。

 

しかし、この種目で関口メンディーを脅かしたのは高畑淳子の息子・高畑裕太・・・今大会初参戦にして、とんでもないポテンシャルに要注目ですね。!

 

競技内容

文字通り、パワーだけで壁を押し込んで相手の陣地を奪うという、スポダンの名物種目で、今回は勝ち残った8人で勝負するようですね。

 

制限時間は90秒、スタートの合図で両側の選手が壁に手を付き押し合い、片方の手が壁から離れるような押し方や膝を使っての体重を乗せた押し方は禁止とするというハードなルールがあります。

 

センターから2.7m先のラインまで押し込めば勝利となり、この種目終了後の総合ポイント下位の5人が脱落し、最終種目へ上位3名が進出できるというルールです。

 

最終競技 ショットガンタッチ

競技内容

瞬発力と判断力が求められる最終種目であり、この競技で総合優勝者が決定することになります。

 

高さ10mの高さから落ちてくるボールをどれだけ離れたところからタッチできるかを競うゲームであり、成功すれば逆転、1回でも失敗したら即失格のサバイバルゲームとなっているようです。

 

[ad#ad-4]

『最強スポーツ男子頂上決戦2015』 視聴率、感想・評価

では、そんな『最強スポーツ男子頂上決戦2015』に寄せられている一般の方からのコメントについても見ていきましょうか!^^

 

 

はい、Twitter上に書き込まれていた『最強スポーツ男子頂上決戦2015』に対する声の一部をご紹介しておきました!^^

 

[ad#ad-6]

仮面ライダー出身のイケメン俳優が多数出演するとあって、女性陣からの評価が非常に高いみたいですね!^^

 

また、誰が優勝するのか気になっている人も多く、EXILE・関口メンディーの4連覇を期待する声が非常に多いです^^w

 

この分だと、視聴率も良いかもしれませんね・・・14~15%くらいは期待しておきましょう!w

 

[ad#ad-7]

【この記事を閲覧した人が続けて興味を持って見た記事】

じゃ、今回はこの辺で!ではでは^^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ