MOZU(映画)ネタバレあらすじ結末や感想評価は?キャストについて!

映画『MOZU』がついに11月7日に公開になりましたね!

 

そこで、今回は映画『MOZU』のネタバレあらすじ・結末、感想、キャストなどについてまとめていきたいと思います!^^

[ad#ad-1]

映画『MOZU』 基本情報~キャスト、主題歌など・・・

MOZU 映画 キャスト

  • 監督、脚本・・・羽住英一郎、仁志光佑
  • 原作小説・・・逢坂剛「百舌」シリーズ(集英社文庫)
  • キャスト(出演者)・・・西島秀俊、香川照之、真木よう子、池松壮亮、伊藤淳史、杉咲花、阿部力、伊勢谷友介、松坂桃李、長谷川博己、小日向文世、ビートたけし
  • 音楽、撮影、編集・・・菅野祐悟、江崎朋生、西尾光男
  • 制作会社、配給会社・・・ROBOT、『劇場版MOZU』製作委員会、東宝

 

はい、映画『MOZU(モズ)』の基本情報についてまとめておきました。

 

西島秀俊、香川照之、真木よう子、池松壮亮など、ドラマシリーズから出演しているキャスト陣も、もちろん出演していますし、杉咲花、伊勢谷友介、松坂桃李、長谷川博己などの演技にも期待がかかっていますね!

 

また、キャストのなかでも特に気になるのが、ビートたけしさん。

 

mozu 映画 ビートたけし

 

悪の親玉・ダルマを演じるというだけあって、役柄はもちろん、たけしさん見たさに映画館へ足を運ぶ人も多そうです^^w

 

というわけで、そんな映画『MOZU』のあらすじについても見ていきましょうか!

 

[ad#ad-2]

映画『MOZU』 あらすじ

公安警察官・倉木尚武(西島秀俊)は、大杉(香川照之)、明星(真木よう子)らと共に、『MOZU事件』によって、警察の裏側にある闇組織の存在を明らかにしたのだった。

 

そして、倉木の真の目的は、「妻と娘の死の真相を明らかにすること」だったのだが、すべて解決したと思われていた事件が再び・・・。

 

なんと、『MOZU事件』は「ある恐ろしい謀略」のほんの一部、序章にしか過ぎなかったのだった・・・。

 

[ad#ad-3]

ある日、大規模テロが2件同時に勃発・・・それは、

 

  • 高層ビル占拠爆破
  • ペナム大使館襲撃

 

の2つだった。

 

そしてこの二つの事件には、犯罪プランナーである高柳(伊勢谷友介)、そして実行役である権藤(松坂桃李)をリーダーとするテロ組織による仕業だったのだ。

 

[ad#ad-5]

そしてこの2人は、日本の犯罪の歴史の中で、最大といっても過言ではない事件を裏で指示してきた「ダルマ」(ビートたけし)のもとで働いていた人間だった。

 

さらに、ある恐ろしい計画を着々と進めていたのだった・・・。

 

舞台は灼熱の地であるペナム共和国・・・ここに、妻と娘の死の真相を明らかにしようと奔走している倉木、大杉、明星たちと、最強にして最大の敵・ダルマとの戦いがここに始まる!!!!

 

果たして、倉木らはダルマに勝つことができるのだろうか、そして倉木は妻と娘の死の真相を明らかにすることができるのだろうか・・・?

 

[ad#ad-4]

映画『MOZU』 感想から結末ネタバレ?

はい、そんな映画『MOZU』は2015年11月7日についに劇場公開になりましたね!^^

 

では映画『MOZU』をすでに観たという人の感想についても触れておきましょうか!^^

 

 

はい、Twitter上に書き込まれていた、映画『MOZU』に対するコメントの一部をご紹介しておきました。

[ad#ad-6]

 

やはり前評判が高かった作品なだけに、視聴者の乾燥としては高評価が多かったですね!^^

 

ただ、みなさんネタバレを気にしてか、内容について触れていない人が多いように思います・・・

 

感想を見れば映画版のあらすじが完全にネタバレするかと思ったんですけどね・・・ただ、内容に関して書き込んでいる人がいたので、その人の感想について、ネタバレがてらに紹介しておくと・・・↓

 

 

はい、「アソウミチ」さんの感想を引用してご紹介しておきました。

 

[ad#ad-7]

全体的にキャスト・ストーリー展開・臨場感に対する評価が高いように思いますね!^^

 

また、映画の結末ではストーリーの終焉のはっきりとした描写がない、というのも特徴でしょうか。

 

ネタバレとはいいつつも、映画館へ足を運ばないとあらすじ・結末を実感しにくいストーリー構成にしたんでしょうね。

 

気になる方は、劇場へ^^w

 

じゃ、今回はこの辺で!ではでは^^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ