心が叫びたがってるんだネタバレあらすじ結末!声優感想・原作小説

映画『心が叫びたがってるんだ』(通称『ここさけ』)は、人気アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(通称:「あの花」)の監督:長井龍雪×脚本:岡田磨里×キャラクターデザイン:田中将賀が再結集し作られたオリジナル劇場用アニメーション映画ですね!^^

 

名作アニメ「あの花」同様、埼玉県秩父市が舞台の青春群像劇で、少年少女の葛藤、切なさ、心の傷を描く感動の作品です。

 

というわけで、今回は映画『心が叫びたがってるんだ』のネタバレあらすじ・結末やキャスト(声優)・感想評価・原作小説(漫画?)などの疑問について、まとめて行きたいと思います!^^

[ad#ad-1]

映画『心が叫びたがってるんだ』 基本情報~声優・原作小説・主題歌について!漫画も?

  • 監督・脚本・・・長井龍雪、岡田麿里
  • 原作情報・・・超平和バスターズ
  • キャスト(声優)・・・水瀬いのり、内山昂輝、雨宮天、細谷佳正、 藤原啓治、吉田羊
  • 音楽・・・ミト
  • 主題歌・・・乃木坂46「今、話したい誰かがいる」
  • 制作・配給会社・・・A-1 Pictures、「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会、アニプレックス
  • 映画公開日・・・2015年9月19日

 

『ここさけ』は、フジテレビ系『ノイタミナ』で放送された『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(通称:『あの花』)のメインスタッフが再集結して制作され、舞台は『あの花』と同じく埼玉県秩父市ということですが、登場人物・ストーリーに関しては、『あの花』との直接の関連は無い別の物語です。

 

原作は『超平和バスターズ』・・・加えて、すでに小説・漫画化もしているようですね^^

 

[ad#ad-2]

また、キャスト(声優陣)も豪華ですね!ざっと並べると・・・↓

 

  • 成瀬順 役・・・水瀬いのり
  • 坂上拓実 役・・・内山昂輝
  • 仁藤菜月 役・・・雨宮天
  • 田崎大樹 役・・・細谷佳正
  • 城嶋一基 役・・・藤原啓治
  • 成瀬泉 役・・・吉田羊

 

水瀬いのりさんをはじめとして、豪華な声優が名を連ねていますね!^^

 

また、最近話題の女優・吉田羊さんも参加していることから、力の入れ具合も相当なものなのでしょう^^w

 

というわけで、そんな映画『心が叫びたがってるんだ』のあらすじについてもまとめていきましょう!

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

[ad#ad-3]

映画『心が叫びたがってるんだ』 ネタバレあらすじ・結末

主人公の成瀬順は、幼いころに憧れていた「山の上のお城」から、自分の父親と見知らぬ女性が一緒に出てくるのを偶然にも目撃してしまった。

 

それを母親に話したのがきっかけで、父親の不倫が発覚・・・その後、順の両親は離婚。

 

そして両親は、「自分たちが離婚することになったのは順のせいだ!」といって順を咎め、順はそのことに強いショック・責任を感じてしまった。

 

そんな順の目の前に現われたのは、「卵の王子(妖精)」・・・その王子が順の口にチャックをし、順は言葉を封印することに。

 

それからかなり月日が過ぎ、順は高校生になった。

 

地元住人を学校に招き、出し物を披露する「地域ふれあい交流会」という催しの実行委員のひとりとして、担任の教師から抜擢されることに。

 

実行委員は順を合わせて4人・・・しかし、その4人がかなり癖の強い集まりで・・・

 

  • 自分が原因で家族が崩壊し、親権をもつ母親ともすれ違っている順
  • 両親の離婚がきっかけで、自分の心に蓋をしてふさぎ込んでばかりの拓実
  • 拓実と中学生のときに恋人だったが、些細なことがきっかけで別れ、未だにわだかまりを持ち続けるクラス委員の菜月
  • 甲子園出場も期待されるほどの野球部のエースだったが、怪我が原因で自暴自棄になっている大樹

 

[ad#ad-5]

4人それぞれが「言いたいけど言えない気持ち」を心に抱え、地域交流会の出し物として披露するミュージカルを製作する上で交流し、徐々にお互いが心を開き合っていくのだった・・・

 

順は拓実と接し、「言葉にせずとも、歌で自分の気持ちを伝えることができること」を知り、しゃべれないなりに歌うことはできるようになり、同時に拓実に恋心を抱いていった。

 

そして、その恋心を綴った歌をつくり、その曲がミュージカルの題材になり、主役にまで抜擢されることに。

 

大樹は当初、自暴自棄になって非協力的だったが、順の「素直で真っすぐな姿勢」に惹かれ、協力的になるのだった。

 

クラス全体も順に影響され、徐々に団結力が高まって、ミュージカルの準備は順調に進んでいくのだった。

 

そして交流会の前日、最後のリハーサルも無事に終わり、片付けをしていると、「拓実と菜月がふたりで話している姿」を、順は目にしてしまった。

 

中学生のときは、些細なことがきっかけで別れてしまい、菜月はそれを後悔していた・・・そこで、拓実に対し、

 

今は順のことが好きなんでしょ?あんなに気にかけてあげて・・・

 

と一言。

 

しかし、その質問に対し拓実は、

 

たしかに順のことを気にかけていたけど、それは見ていると応援したくなるってだけで・・決して好きとかではない!

 

と言い張るのだった。

 

順は、拓実のそのセリフを聞き、

 

やっぱり気持ちは言葉にしちゃダメなんだ

 

と再びふさぎこんでしまい、「地域交流会」の当日に姿を消してしまった。

 

拓実たちクラスメイトはイベントのまさに直前で、主役の順が失踪してしまい、困惑。

 

そして、「拓実と菜月の会話を聞いてしまったこと」が、順が失踪した原因だと気づいた拓実は、順を探すことに。

 

拓実は、町中を探しまわったが、順の行方は一向につかめない・・・

 

そして、順がしゃべれなくなったキッカケが山の中にあるお城だったことを拓実は思い出し、そこに向うと順を見つけるのだった・・・

 

もう無理だよ・・やっぱり思いを言葉にしちゃだめなんだ・・・

 

と順はふさぎ込んでしまっていたが、「そんなことはない」といって、拓実は否定するのだった。

 

お前のありのままの気持ちを聞かせてくれ!

 

と拓実が順に言うと、順はついに口を開き・・・

 

なんなんだよお前は!思わせぶりな態度をとって勘違いさせやがって!

 

あとあの女(菜月)も女だ!ああいう女が一番嫌いなんだよ!

 

と叫び、思いを言葉にすることができた・・・そして最後に、

 

でも、君が好き。

 

と拓実に告白・・・それに対し拓実は、

 

ありがとう。でもオレ好きな人(菜月)がいるんだ

 

と返す・・・その返答に順は、

 

うん、知ってた

 

と拓実に微笑みかけ、2人は学校に戻ることに・・・

 

そして、順と拓実の2人は、なんとかミュージカル本番には間に合い、母親達が見守る中でミュージカルを成功させ無事終了。

 

結局、幼いころ順の言葉を封印した「卵の王子」なんて妖精は最初から存在せず、自分の殻に閉じこもっていた順自身が言葉を封じ込めたのであった。

 

そして、拓実たちやミュージカルとの出会いを通じ、順は自分の殻を打ち破り、自分の言葉を取り戻すことができた。

 

最後は、拓実と菜月がお互いの気持ちを再度認め合い、野球部の大樹が順に告白し、物語はフィナーレを迎えた。

 

[ad#ad-4]

映画『心が叫びたがってるんだ』 感想・評価

はい、そんな映画『心が叫びたがってるんだ』ですが、『あの花』スタッフが製作したということで、公開前から期待されている作品でしたね。

 

そんな『ここさけ』に寄せられた感想・評価についても見ていくことにしましょう!^^

 

 

はい、Twitter上に書き込まれていたコメントのなかで代表的なものを抜粋して紹介しました^^

[ad#ad-6]

 

やはり公開前から評判は高かった作品なだけに、見終わった人の感想も高評価が多いですね!

 

ストーリーを褒める声はもちろん、出演する声優や主題歌を賞賛する声など、多くのコメントが寄せられています!^^

 

リピーターもいそうな雰囲気ですから、今後さらに動員数は伸びていくんでしょうね!

 

物語にも期待できますし、興行収入的な意味でも期待していい作品ということです^^w

 

[ad#ad-7]

まとめ

映画『心が叫びたがってるんだ』(通称:『ここさけ』)は、前評判も高かったが、公開後の感想も高評価が多く、期待度の高い作品。

 

【この記事を読んだ人が続けて興味を持った記事】

 

じゃ、今回はこの辺で!ではでは^^^

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ