私たちに戦争を教えてくださいキャストに福士蒼汰広瀬すず有村架純

日本が終戦を迎えてちょうど70年・・・そこで、最近は戦争をテーマにしたテレビ番組や映画が増えてきた印象がありますね。

 

そんななか、フジテレビ終戦70年特別ドキュメンタリー番組『私たちに戦争を教えてくださいが2015年8月15日にオンエアされ、話題になっているようです。

 

CM・予告動画でも放送前から話題になっておりましたが、キャスト(ナビゲーター)に、小栗旬さん、福士蒼汰さん、松坂桃李さん、広瀬すずさん、有村架純さんが登場するなど、ベテランな役者さんから旬な女優さんまで、幅広い層から人気を集めるような俳優陣が集まり、実際に戦争を経験した人にインタビューするという内容でした。

 

まさに、『私たちに戦争を教えてくれる』わけです。

 

そこで、今回はキャスト(ナビゲーター)ごとに『私たちに戦争を教えてください』のストーリー(内容)をまとめておきたいと思います。

[ad#ad-1]

フジテレビ終戦70年特別番組『私たちに戦争を教えてください』 内容(ストーリー)

キャスト(ナビゲーター):有村架純~『少女は沖縄で何を見たのか?』

キャスト(ナビゲーター)の有村架純さんが出会ったのは、国内最大となる地上戦の舞台となった沖縄県に飛び、悲惨な地上戦を生き抜いたひとりの女性。

 

激戦地で逃げ惑う中で少女は家族とはぐれてしまい、たった一人で戦地をさまようことに・・・そしてそこで見た光景は、あまりに壮絶なものだったそうです。

 

有村架純は取材に、「戦争について、世間の人は知らなくても、計り知れないものがたくさんある。自分が聞いた言葉・見たものは忘れてはいけない」と語っていましたね。

 

特に、有村さんのように若い世代には、戦争を実際に体験した人の言葉には、心の奥底に響くナニカがあったのでしょう。

 

[ad#ad-2]

キャスト(ナビゲーター):広瀬すず~『特攻隊員との淡い恋』

広瀬すずさんは、今まさに死が迫ってくる中で生まれた恋を追体験することに・・・

 

福島県原町陸軍飛行場の近くに建っていた牛乳店の看板娘で、当時15歳だった加藤美喜子さんは、特攻隊員の兵隊と恋をし、文通していたのでした。

 

広瀬すずさんは、2015年8月の取材に向けてだいぶ前からインタビューの準備などを進めていたようですが、学校の授業などでしか戦争について考えたことが無かったそうです。

 

私達若い世代には想像もできない未知の世界が、いったいあるんだろうな。」と広瀬すずさんは語っていましたね。

 

そして、広瀬すずさんが加藤さんのもとを訪れ、特効隊員が書き残した手紙(言葉)を見て、テープに収録された肉声を聞き、なんともいえない思いに。

 

いまでも万人に共通してある『恋愛』が、戦争中でも普通に存在していたこと、そして、現代の自分達がいかに幸せな状況で生きることができているか、ということが思い知らされる内容でしたね。

 

[ad#ad-3]

キャスト(ナビゲーター):松坂桃李~『玉砕ってなんですか?』(取材地:パラオ・ペリリュー島ほか)

およそ1万人いた日本の兵隊のうち、生存したのがわずか446名という、パラオの激戦地ペリリュー島へ俳優の松坂桃李さんが向かいました。

 

そして、そこで生存者のひとりとなった元日本軍兵士に当時の話を聞くことに。

 

松坂桃李さんは、インタビュー開始してすぐはどういう風に会話していいのか、言葉に困っていましたが、

 

意を決して「兵士として人をあやめなればならないという現実に対して、どのように向き合ったのか?」と問うことに。

 

インタビューを総じて、松坂桃李さんは、

 

知れば知るほどに、自分は戦争をしていた当時の日本を知らなかったんだと思い知らされました。若い世代の僕達が可能な限り歩み寄り、戦争当時の記憶を受け取り、伝え続けていかなければ、この70年続いた戦いの記憶が消えてしまう。

 

と語りました。

 

暗い過去に蓋をしていても、いけないということですね。

 

[ad#ad-4]

キャスト(ナビゲーター):福士蒼汰~『原子爆弾が落とされた日知ってますか?』、『特攻ってなんですか?』(取材地:広島県、鹿児島県・鹿屋基地、東京都・市ヶ谷)

福士蒼汰さんが訪れたのは、神風特攻隊に所属していた生存者・千玄室さん。

 

福士蒼汰さんが訪ねると、千さんは、「戦争で生き残ったものの、いまだに数多くの友達を無くしてしまった喪失感を抱き続けている」と語っていました。

 

続けて、「仲間の声が今でも聞こえる・・・当時の友達の顔が思い浮かぶ・・・」とという千さんの言葉に、福士蒼汰さんの目からは涙がこぼれ続けたのでした。

 

[ad#ad-5]

福士蒼汰さんは、今回のドキュメンタリー番組を機に、初めて家族に戦争についての話を聞き、自分の祖父も特攻隊員の候補だったという事実をいまさらながらに知り、驚いたのだとか。

 

インタビューのすべてを通して、福士蒼汰さんは、「これまでに戦争はしてはいけないと頭でわかっていても、具体的に何をすれば良いのか、わかっていませんでしたが、まずは「家族を守ること」、そうすれば世界は平和になっていくと思いました」と語っていましたね。

 

また、さらに福士蒼汰さんは続けて原爆の被災地・広島県に向かい、原爆投下3日後には復旧し走っていた路面電車・通称「被爆電車」の運転手で、当時10代の少女だった児玉豊子さん、増野幸子さんに出会い、そこで福士蒼汰さんは、2人の話を聞いて70年前の広島に思いをはせるのでした・・・

 

[ad#ad-6]

キャスト(ナビゲーター):小栗旬~『なぜ、戦争が始まったのですか?』(取材地:長野県、パールハーバー)

俳優・小栗旬が訪れたのは、アメリカ・オアフ島にあるパールハーバー(真珠湾)。

 

そこで、当時真珠湾攻撃に参加していた元ゼロ戦・「天才」パイロットと呼ばれていた原田要さんと、真珠湾で攻撃を受けて沈められた米海軍戦艦アリゾナの元乗組員に話を聞くことに。

 

 

小栗旬さんは、原田さんたちへのインタビューを終え、「戦争は人に何を与えるのか、想像はできるが実体験はできない・・・理解はできないかもしれないが、世界から戦争・紛争がなくなってほしいと思う。」とコメント。

 

いまや一児のパパとなった小栗旬さんにとっては、いまの子供にどんな未来を届けることができるのか、今の自分達に何ができるのか、思い知らされる内容だったようですね。

 

[ad#ad-7]

まとめ/予告CM動画

『戦争』と聞くと暗い話になっていってしまいそうですが、今自分にできること、『戦争』に関して少しでも考える時間が増えれば、いいんじゃないでしょうか?

 

このドキュメンタリー番組を通して、戦争について考える若者が増えれば、当時の兵隊さんたちも喜んでくれるかもしれません。

 

予告・CM動画

 

じゃ、今回はこの辺で!ではでは^^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ