日本のいちばん長い日のネタバレあらすじ!キャスト感想は?原作結末

映画『日本のいちばん長い日』の公開が2015年8月7日に迫っていますね・・・ネット上でも徐々に盛り上がりを見せているようです^^

 

というわけで、今回は映画『日本のいちばん長い日』のキャスト情報・感想・ネタバレあらすじ・原作結末など、気になる疑問に答えていきます!^^

[ad#ad-1]

映画『日本のいちばん長い日』 基本情報・原作小説

  • 脚本・監督・・・原田眞人
  • 原作小説・・・半藤一利『日本のいちばん長い日 決定版』
  • 製作総指揮・・・迫本淳一
  • 出演者・・・役所広司、松坂桃李、本木雅弘、山崎努、堤真一
  • 音楽・・・富貴晴美
  • 撮影・・・柴主高秀
  • 編集・・・原田遊人
  • 制作会社・・・松竹、「日本のいちばん長い日」製作委員会
  • 配給会社・・・アスミック・エース、松竹
  • 公開日・・・2015年8月8日

 

はい、今回の映画『日本のいちばん長い日』では、本木雅弘さんが7年ぶりに映画出演を果たし、昭和天皇を演じるということで話題になっています。

 

また、今作は「昭和天皇の姿や声」をはっきりと描いており、日本映画としては初めての試みなので、その点も話題になっているようですね。

 

また、終戦前日からの24時間を再現した半藤一利さん著のノンフィクション小説「日本のいちばん長い日 決定版(文藝春秋)が映画の原作となっています。

 

日本降伏の決定~8月15日の玉音放送に至るまでの期間、終戦の舞台の裏ではいったい何が行われていたのか、日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために身を挺し、苦悩した当時の人々の姿を描いた壮絶なドラマになります。

 

では続いて、映画『日本のいちばん長い日』のキャスト(登場人物)についてもご紹介しますね。

 

映画『日本のいちばん長い日』 キャスト(登場人物)

昭和天皇 役 本木雅弘

  • ポツダム宣言の受諾を決定し、玉音放送という形で国民に終戦を伝えた、歴史上初めての人物。

畑中健二陸軍少佐 役 松坂桃李

  • 玉音盤クーデター(宮城事件)の首謀者で、無条件降伏に反対して8月15日の朝、皇居でクーデターを起こした張本人。

鈴木貫太郎首相 役 山崎努

  • 内閣総理大臣。軍とのぶつかりで議会が荒れている中、連合国との終戦交渉を行う人物。

迫水久常内閣書記官長 役 堤真一

  • 鈴木貫太郎内閣の内閣書記官長。鈴木首相と一緒に終戦工作に奔走。

阿南惟幾陸軍大臣 役 役所広司

  • 作品のなかの主人公で、1945年当時の陸軍大臣。ポツダム宣言=無条件降伏という形に最後まで反対した人物。

 

キャストの数としては少なめですが、ベテラン役者が勢ぞろいしていますね。

 

では続いて、映画『日本のいちばん長い日』の詳しいあらすじについてまとめていきましょう。

 

[ad#ad-2]

映画『日本のいちばん長い日』 ネタバレあらすじ~結末まで

序  ポツダム宣言~

「連合国からのポツダム宣言を受諾すべきかしないべきか」に関して、日政府内では連日のように激論が交わされていた。

 

そんな中、長崎・広島の2ヶ所に原爆が投下され、そこにソ連も参戦・・・「連合国からのポツダム宣言」への返答が一刻の猶予もない状況に陥ることに。

 

政府内では、「勝ち目が無いから降伏してしまおう」という閣僚と海軍トップに対し、陸軍トップは「戦局を逆転させる策略もある」といって真っ向からぶつかり合っていた。

 

陸軍のトップは現場で何が起こっているのか知らないため、「もう少し、あと二千万・・・日本男子のおよそ半分を特攻に駆り出して戦えば勝てる!」と言うのだ。

 

こんな具合で不毛な議論が延々と続いていた・・・

 

状況から判断すれば、終戦以外に選択はないと考える閣僚は多かったが、「下手に軍部を刺激すると何が起こるかわからない」という、なんともいえない緊迫感が会議全体を覆っていたのだ・・・

 

[ad#ad-5]

破 クーデター~

どちらも譲らない緊迫状態が続いている中、政府は結果として「昭和天皇に最終判断を仰ぐ」ということに落ち着いた。

 

そして天皇の御聖断によってポツダム宣言の受諾が決定された・・・が、この決定に対し陸軍が猛反論。

 

そこで畑中少佐・椎崎中佐をはじめとする陸軍の何人かが、クーデター(宮城事件・玉音盤クーデター)を計画。

 

※若い将校たちは敗戦を認めたくなかったため宮城(皇居)を占拠し、降伏を阻止しようとしたのだ・・・結果的にはクーデター未遂事件として終わる。

 

和平を進める上司のことを「卑怯者」、「生き恥さらし」と呼び、天皇に対し戦争終結の撤回を求めるため、方々で説得し協力者を募っていくことに。

 

その後、畑中少佐たちは、森赳師団長らにクーデターへの参加を求めるが、森師団長たちは終始、否定的な態度をとっていて、「明治神宮を参拝したあとに、再度決断をしよう」と約束。

 

しかし、畑中少佐ら一行は、再び部屋に入り森師団長を拳銃で撃ち、さらに上原大尉が軍刀で殴って亡き者に・・・

 

そして畑中少佐たちは、師団長命令を捏造することに成功し、軍の一部をコントロールするようになっていく。

 

しかし、芳賀連隊長は命令が捏造である事に気づき、その場にいた椎崎・古賀・畑中たちに対し、宮城からすぐに退くように命じる。

 

そして昭和天皇はクーデターの発生を伝えられると、「私が兵の前に出向き、直接話そう。」と述べ・・・

 

[ad#ad-3]

急 【沈静化】

畑中少佐は宮城を離れ、第一中隊の占領する放送会館に向かい、決起の声明の放送を要求・・・しかし、職員の機転によって失敗に終わることに。

 

そして田中軍司令官は芳賀連隊長に兵士の撤収を命令・・・これによりクーデターは急速におさまっていく。

 

またその一方で、放送会館では1人の憲兵将校が突如として軍刀を抜き、放送を阻止しようとスタジオに乱入しようとするが、すぐに取り押さえられてしまい、その後は憲兵に連行される。

 

そして、時刻は正午過ぎ、「君が代」の曲がラジオから流れた後、全国に玉音放送が流がされ、戦争は終結することに。

・・・・・・

 

はい、映画『日本のいちばん長い日』のあらすじをまとめておきました。

 

活字で見ると堅苦しいお話に思えますが、要所要所でくすっと笑えるようなシーンもあるので、作品としてではなく娯楽としても楽しめるでしょうね。

 

観賞した人の感想も上々ですから、大ヒットも見込めます。

 

[ad#ad-4]

映画『日本のいちばん長い日』 感想

はい、そんな映画『日本のいちばん長い日』に対するお客さんの感想はどうなんでしょうね?

 

 

はい、映画『日本のいちばん長い日』を観賞した人がTwitter上に書き込んだ感想のなかで代表的なものをまとめてみました。

[ad#ad-6]

 

感想としては高評価が多いですね^^

 

一度映画化された作品なだけに、期待度も高いようですし豪華なキャスト陣に注目する声も多いです。

 

また、ポツダム宣言の前後を題材にしているだけに難しい内容もあるんですが、要所要所に笑えるシーンも盛り込んでいるので、「堅苦しい」というイメージではありません。

 

日本の歴史を学ぶ上でも役立ちますし、純粋に映画を楽しみたい人にもお勧めですね^^

 

[ad#ad-7]

まとめ

映画『日本のいちばん長い日』は、豪華なキャストが評判。原作小説を忠実に再現したあらすじが好評で感想も上々。

 

【この記事を読んだ人にお勧めの記事】

 

ではでは^^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ