インサイドヘッド子供の感想評価は?結末ネタバレ!あらすじ声優も

映画『インサイド・ヘッド』は、原題を『Inside Out』といって、2015年に公開されたアメリカ合衆国のコンピュータアニメーション3D映画ですね。

 

アメリカ合衆国では2015年6月19日に公開され、日本では2015年7月18日に公開され、豪華な声優陣でも話題になった作品です^^

 

というわけで、今回は映画『インサイド・ヘッド』の声優(キャスト・登場人物)や、ネタバレあらすじ、感想・子供の評価などについてご紹介していきます。

[ad#ad-1]

インサイドヘッド 映画情報

  • 監督・・・ピート・ドクター
  • 脚本・・・ピート・ドクター、ジョシュ・クーリー、メグ・レフォーブ
  • 製作・・・ジョネス・リビラー
  • 製作総指揮・・・ジョン・ラセター
  • 音楽・・・マイケル・ジアッキーノ
  • 主題歌(日本版)・・・DREAMS COME TRUE「愛しのライリー」
  • 公開日(アメリカ合衆国)・・・2015年6月19日
  • 公開日(日本)・・・2015年7月18日
  • 上映時間(合計)・・・94分
  • 製作国・・・アメリカ合衆国
  • 映画のキャッチコピー・・・「これは、あなたの物語―」

 

[ad#ad-2]

インサイドヘッド ネタバレあらすじ

11歳の少女・ライリーの頭の中に存在する5つの感情たち(ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、カナシミ)は、ライリーの誕生や成長に伴い生まれた。

 

彼らは、彼女を守って幸せにするために日々奮闘している。

 

ただ、ライリーを悲しませることしかできない「カナシミ」が、なぜ存在するのか?というだけは理由がわからなかった。

 

そんなある日、ライリーは父親が新会社を作るために、仕事の都合で生まれ育った田舎町・ミネソタを離れ、慣れない大都会・サンフランシスコへ引っ越さなければならなくなった。

 

不安定なライリーの心は、感情たちにも大きな影響を及ぼし、大事件を巻き起こすことに。

 

そこでカナシミは”思い出ボール”に触れようとし、それをヨロコビが止めようとしたところ、ボールを吸い込むチューブに2人とも吸い込まれてしまい、頭の中の司令部から消えていなくなってしまった。

 

※”思い出ボール”とは、劇中に登場する、「ライリーの思い出が詰まった玉」のこと。

 

大切な2つの感情を失ったライリーは、心身ともに危機的な状態に陥り、このままだとライリーの心が壊れてしまう・・・

 

はたして感情たちは、ライリーを救うことができるのだろうか・・・そして、カナシミに隠された、驚くべき「秘密」についても明らかに・・・

 

[ad#ad-3]

インサイドヘッド 結末について/子供向けの映画か?

映画の結末について・・・エンディングで、ヨロコビをはじめとした他の感情たちが「悲しみ(カナシミ)」の本当の価値を知ることに・・・

 

ライリーが生まれてから11年もの間、感情たちはカナシミのことを、「ライリーを困らせるだけの邪魔な存在・必要のない感情」だと思っていました。

 

しかし、ライリーが感情を失ってしまい危機的状況に陥ったわけですが、そんなときに、「悲しみによって幸せだった記憶を取り戻させること」が唯一の解決方法だったということを知ったのです。

 

映画のクライマックス(結末)で、彼ら(感情たち)は、「人生とは喜びと悲しみの繰り返しで、どちらもかけがえのない大切なものである」ということを学んだのです。

 

これが、映画『インサイド・ヘッド』にこめられたメッセージだったんですね。

 

子供の頃のライリーならば、「喜び(ヨロコビ)」だけで生きていくことができたのかもしれませんが、成長するにしたがって、周りの環境は変わり、辛い現実を突きつけられることも増えていきます。

 

この作品は、ユーモアに溢れ、明るく楽しいキャラクターが登場する子供向けの映画のように思えますし、実際にそういった側面もあるとは思いますが、哲学的な内容が含まれていて、「痛みや悲しみが物語には隠されている」という隠れたメッセージもあり、子供だけでなく大人も楽しめる作品というわけですね。

 

[ad#ad-4]

インサイドヘッド 感想・子供の評価は?

はい、そんな映画『インサイド・ヘッド』ですが、お客さんの感想・評価はどれほどのものなんでしょうね?

 

 

はい、すでに映画『インサイド・ヘッド』を観賞した人の声の一部をまとめてみました。

 

やはり観客には10代の学生の子が多いんですね。

 

[ad#ad-5]

また、感想としては「面白かった」、「感動した」などなど、高評価のものが非常に多いです。

 

『進撃の巨人』とはえらい違いです^^;w

 

CGを巧みに駆使して画でも飽きさせない作品ですから、子供が見ても面白い作品ですし、特に中学生・高校生からの人気が高いようですね。

 

ただ、「子供の映画」と侮ることなかれ・・・さっきもまとめたように、映画『インサイド・ヘッド』には哲学的なメッセージや大人でもハッとさせられるような内容が含まれていますから、どの年代の人が見ても、いろんな視点から楽しめる作品となっております。

 

老若男女、問わず見てほしい作品ということですね^^

 

[ad#ad-6]

インサイドヘッド 声優(日本語吹き替え版)一覧

  • ヨロコビ 竹内結子
  • カナシミ 大竹しのぶ
  • ビンボン 佐藤二朗
  • ビビリ 落合弘治
  • イカリ 浦山迅
  • ムカムカ 小松由佳
  • ライリー・アンダーソン(11歳時) 伊集院茉衣
  • ライリー・アンダーソン(幼少期) 鎌田英怜奈
  • ライリーのパパ 花輪英司
  • ライリーのママ 田中敦子
  • 記憶消し(女性) 品田美穂
  • 記憶消し(男性) 後藤光祐
  • ジャングルズ 宮本崇弘
  • パパのイカリ 間宮康弘
  • ママのカナシミ さとうあい
  • ママのイカリ 定岡小百合
  • 夢監督 小宮和枝
  • パパのビビリ 及川ナオキ
  • イケメンパイロット 滝知史
  • 潜在意識の守衛 辻親八
  • フランク 仲野裕
  • フリッツ 立木文彦

 

[ad#ad-7]

まとめ/主題化はドリカムの「愛しのライリー」【動画】

映画『インサイド・ヘッド』は、子供から大人まで楽しめる哲学的な作品。

 

主題歌はドリカム(DREAMS COME TRUE)が担当する「愛しおライリー」です。

 

YouTube上にカバー動画があったので、そちらを紹介してお別れしましょー!^^

 

 

ではでは^^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ