進撃の巨人[実写映画]前編のネタバレあらすじやキャスト主題歌は?

原作の全世界累計発行部数が5000万部を超える、諫山創さん作のの大ヒット漫画『進撃の巨人』が実写映画になります!

 

2015年の8月1日に前編、9月19日に後編が連続で公開されるようです。

 

そこで今回は、実写版映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』前編のキャストや、ネタバレあらすじ、主題歌についてご紹介していきます。

[ad#ad-1]

進撃の巨人【実写映画・前編】 映画情報

  • 映画タイトル・・・『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 【前篇】』
  • 劇場公開日・・・2015年8月1日
  • 監督・・・樋口真嗣
  • 脚本・・・渡辺雄介、町山智浩
  • 原作・・・『進撃の巨人(漫画)』 諫山創 作
  • 音楽・・・鷺巣詩郎
  • 主題歌(前篇)・・・SEKAI NO OWARI「ANTI-HERO(アンタイヒーロー)」
  • 撮影・・・江原祥二
  • 制作会社・・・東宝映画
  • 配給・・・東宝

 

今回、実写版映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(前篇)』で監督を務めるのは、樋口真嗣さん。

※『のぼうの城』、『日本沈没』などを手がけた有名な方。

 

また、脚本を担当したのは、渡辺雄介さんと映画評論家の町山智浩さん。

※実写映画版『GANTZ』を手がけた脚本家と、原作者の諫山創さんと交流があり日本で最も信頼できるシネフィル・映画評論家の夢のコラボです。

 

予告編を観ると、どこでロケやってたのか不思議なくらい、いままでの日本映画になかったような壮大なスケール感ですが、撮影の舞台となったのは、長崎の端島、熊本、茨城だそうです。

 

原作漫画のファンが世界中に多くいるため、今回の実写映画化はプレッシャーがかかるんでしょうね。

 

そして、そんな映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(前篇)』の主題歌を務めるのは、あの進撃のバンドということで・・・

 

[ad#ad-2]

進撃の巨人【実写映画・前篇】 主題歌 SEKAI NO OWARI『ANRI-HERO』

主題歌は、映画の前編・後編ともにSEKAI NO OWARI(世界の終わり)が担当することが決まっていますね。

 

世界中での公開オファーが殺到していることから、SEKAI NO OWARIとしては初となる、全編英語での書下ろしになっています。

 

前編はボーカルFukaseさん作詞の「ANTI-HERO(アンタイヒーロー)」、9月19日公開の後編はピアノSaoriさん作詞の「SOS」という曲が提供されていますね。

 

 

また、前編の主題歌『ANTI-HERO(アンタイヒーロー)』のMVがすでにYouTube上で公開されています。

 

いままでのSEKAI NO OWARIにはないような曲調ですし、全英語詞というのが、新鮮ですね。

 

また、ラップ調な歌い方が特徴的です・・・

 

この曲が映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(前篇)』のエンディングで流れてくるわけですね・・・どんな風に映画を盛り上げてくれるのか、楽しみですね!

 

[ad#ad-3]

進撃の巨人【実写映画・前篇】 ネタバレあらすじについて!

▼あらすじ▼

100年以上前に巨人が突然現れ、その巨人たちに人類の大半が捕食され、人類は絶望の危機に瀕し文明は崩壊。

その後、かろうじて生き延びた人々は巨人たちから身を守るために、巨大な壁を三重に築き、その中で生活していたのだった。

少年、エレン・イェーガーは、城郭都市の外縁地区ウォール・マリア南端から突出したシガンシナ区に暮らしていて、医者の父グリシャ・口うるさい母カルラ・幼馴染のミカサ・アッカーマンと一緒に生活していた。

エレンは壁外の世界を夢見ていたため、壁外調査に出る調査兵団に憧れていたが、周囲には大反対され、同じく壁外の世界を夢見る幼馴染・アルミンとだけ、気があって話し合うことができた。

そして、巨人はただの伝説となりつつあったある日、「超大型巨人」や「鎧の巨人」が突然現れた・・・

壁を超えるほど巨大な体を持つ「超大型巨人」によって破られた壁から巨人が侵入し、幼いエレンと幼なじみのミカサやアルミンは、何とか逃げ切り生き残るも、エレンの母、カルラはそのなかの巨人に捕食されてしまう。

通称「鎧の巨人」によってウォール・マリアは遮断不能となり放棄され、人類の活動領域はウォール・ローゼまで後退することに・・・

家・家族・夢・・・エレンはすべてを奪っていった巨人たちへの復讐を決意し、「第104期訓練兵団」に入団し、調査兵団を目指す。

巨人たちへの復讐の思いを胸に、青年になったエレンたちは「訓練兵団」に入団・・・エレンは軍の中で最も危険な調査兵団を目指し日々訓練に励んだ。

そして入団から3年後、訓練兵団を卒業したエレンはトロスト区の固定砲の整備をしていた。

その時、突如として「超大型巨人」が再び襲来してきたのだ。

エレンはひとりで立ち向かったが、巨人たちを取り逃がしてしまった。

班を率いて本部に戻ろうとするエレンだったが、途中で班員を捕食され、自身も足に深手を負う。

呆然として、巨人に捕食されかけるアルミンを、エレンがかろうじて救うが、アルミンの代わりに巨人に捕食されてしまった・・・

そしてミカサはエレンの死を聞いて、ショックで命を落としかけるも、エレンが最後に残した「戦え」という言葉を思い出し、仲間全員を先導する決意を固める。

そんな中、今まで確認されたことがなかった「巨人に攻撃をする巨人」が出現し、アルミンはその巨人を利用した作戦を立て、仲間たちと協力して見事生還することに成功。

そして、力尽きたその「巨人を攻撃する巨人」の中から、捕食されたはずのエレンが姿を現した・・・

 

映画のストーリーは、原作者の諫山さん監修の元、原作をベースにオリジナルの要素が加えられているそうです。

 

[ad#ad-4]

進撃の巨人【実写映画・前篇】 登場人物(キャスト)について

エレン 役 三浦春馬

エレン 三浦春馬

 

強靭な精神力と非凡な行動力を持ち、「自由」を求める青年・エレン。演じるのは俳優・三浦春馬

 

シキシマ(新キャラクター) 役 長谷川博己

進撃の巨人 リヴァイ

 

真実を疑う、人類最強の男・シキシマ。演じるのは俳優の長谷川博己さん。

 

原作漫画の重要人物・リヴァイが登場しないかわりに、長谷川博己さん演じる新キャラクターのシキシマが登場。

 

[ad#ad-5]

ミカサ 役 水原希子

ミカサ  水原希子

 

エレンの幼なじみで常に彼と行動している。戦場を舞う女神・ミカサ。演じるのはモデル女優・モデルの水原希子さん。

 

アルミン 役 本郷奏多

アルミン 実写

 

エレンの親友で、エレンとミカサの幼なじみ。心優しき賢者・アルミン。演じるのは俳優の本郷奏多さん。

 

ジャン 役 三浦貴大

ジャン 実写

 

エレンのライバル的存在で、ミカサに思いを寄せる、反逆の刃・ジャン。演じるのは俳優の三浦貴大さん。

 

[ad#ad-6]

サシャ 役 桜庭ななみ

サシャ 実写

 

いつもお腹を空かしている、射撃が得意な飢えた狙撃手・サシャ。演じるのは女優の桜庭ななみさん。

 

サンナギ(新キャラクター) 役 松尾諭

AOT_charapos_armin_nol+

 

慈愛深き豪傑・サンナギ。演じるのは俳優の松尾諭さん。

 

フクシ(新キャラクター) 役 渡部秀

フクシ 実写

 

悲しみの守護星・フクシ。演じるのは俳優の渡部秀さん。

 

ヒアナ(新キャラクター) 役 水崎綾女

ヒアナ 実写

 

勇猛なる母性・ヒアナ。演じるのは女優の水崎綾女さん。

 

リル(新キャラクター) 役 武田梨奈

リル 実写

 

愛に生きる本能・リル。演じるのは女優の武田梨奈さん。

 

ハンジ 役 石原さとみ

ハンジ 実写

 

任務中はゴーグル、普段は眼鏡をかけている、冷静で優れた観察眼の持ち主。

 

主に計略方面で活躍する、暴走する無邪気・ハンジ。演じるのは女優の石原さとみさん。

 

ソウダ(新キャラクター) 役 ピエール瀧

ソウダ 実写

 

嘆きの先導者・ソウダ。演じるのはピエール瀧さん。

 

クバル(新キャラクター) 役 國村隼

クバル 実写

 

闇を銃べる者・クバル。演じるのは俳優の國村隼さん。

 

・・・・・・

 

実写映画化に際して、原作でメインに出てくる登場人物はもちろん、映画オリジナルのキャラクターも登場するんですね。

 

[ad#ad-7]

まとめ

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(前篇)』は2015年8月1日に全国ロードショーになるわけですが、全世界が注目する作品なだけに、動員数・興行収入的にも気になる作品ですね^^w

 

大コケしないことを祈るばかりです^^w

 

関連記事:進撃の巨人[映画実写]の感想・海外評価は?

 

じゃ、今回はこの辺で!ではでは^^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ