火花あらすじネタバレ!ラスト結末の感想評価も!印税価格は吉本に?

ピースの又吉直樹さんが書いた小説『火花』が芥川賞を受賞したことは、記憶に新しい出来事ですよね?そこで、今回は・・・

 

  • 又吉作『火花』のあらすじについて!【ネタバレ注意】
  • ラスト(結末)の衝撃・・・
  • 読者の感想・評価は?
  • 印税価格について!又吉ではなく吉本に流れる?

 

などなど、気になる疑問についてまとめていきたいと思います!

[ad#ad-1]

又吉作『火花』のあらすじについて!【ネタバレ注意】

起 運命の出会い

お笑い「コンビ・スパークス」の徳永は、とある熱海のお祭りでの営業の仕事で、4歳上の先輩芸人・神谷に出会うことに。

 

神谷は、「あほんだら」というお笑いコンビを組んでいて、一般人の常識の枠からはみ出るようなコンセプトの漫才をすることが多かった。

 

が、徳永はそんな神谷に魅了されたのだった。

 

そして、その営業の仕事が終わった後、神谷は徳永を飲みに誘い、まるで漫才のやりとりのような会話をしている中で、徳永は神谷に「弟子にしてください」と申し込むことに。

 

神谷は「俺の伝記を書いて欲しい」という条件付きで了承し、徳永は神谷との日々をノートに書き綴ることになる。

 

[ad#ad-2]

承 若手芸人の日常

神谷は、拠点を大阪において芸人をやっていたが、とあるところで見切りをつけて上京することに。

 

そして、交際中だった真樹という女性とヒモ同然で同棲しながら、芸人を続けていたのだった。

 

その一方で、徳永はバイトを続けながら、若手芸人が出演するステージに出演し、それ以外は相方とネタ合わせをする毎日を過ごしていた。

 

また、美容師の知り合いに髪を染める練習台を頼まれ、銀髪になってしまったのだが、そのあとその銀髪は徳永のトレードマークになった。

 

その後、徳永は徐々に漫才番組に出演するようになり、深夜番組・ネタ番組に呼ばれるようになっていった。

 

一時的ではあるものの、人気が出てきて収入も増えていった。

 

その一方で、世間に芸風をあわせようとしない神谷は、相変わらず売れることがなく、結局テレビ出演する姿を観たことはなかった。

 

転 芸人引退

ある日、神谷の相方・大林から、神谷がアルバイトもせずに無理してお金を借りてまで後輩に奢り続けて、借金が膨らみ続けていることを知らされた。

 

「このままでは漫才師を続けられないかもしれない」と言われたこともあり、これ以上借金を増やさせないように、徐々に徳永は神谷と疎遠になっていった。

 

そんな中、大林から神谷と連絡が取れなくなってしまったと知らされ・・・徳永は神谷の住んでいたアパートに向かうも、既に引き払ったあとであった。

 

その一方で、徳永は相方が同棲していた彼女の妊娠がきっかけで結婚することを聞かされた。

 

相方は、芸人を辞める・・・相方以外にはコンビを組むことなどできないと考え、徳永も引退することに・・・

 

[ad#ad-3]

結 徳永が・・・

徳永は、不動産屋に勤めていたが、失踪していた神谷から急に電話があった。このときすでに、行方不明になってから1年が過ぎていた。

 

誘われて居酒屋に行くと、神谷がそこにいた。少し痩せていた。

 

神谷は、借金を返済するために1年掛かってしまっていたのだ。結局、自己破産することに。

 

さらに、無断で仕事を飛ばし続けたこともあり、事務所もクビになっていたのだ。

 

神谷は、お笑いに煮詰まってしまっていたということもあり、「キャラクターに勝るものはない」と考え、豊胸手術を受けたと徳永に明かした。

 

Fカップに変身した神谷は、「オッサンが巨乳だったら面白いやろ」と無邪気に笑うも、徳永は引いてしまう。

 

「性同一性障害などを患っている人も世の中に入るし、世間に受け入れられるわけがない、ましてそんな姿でテレビに出られるわけがない」と言われ、ようやく神谷は自分のしてしまったことの愚かさに気づいたのだった。

 

その後、正月休みと神谷の誕生日祝いをかねて、徳永は神谷と熱海温泉旅行に出かけた。

 

そこで、翌日に素人参加型の熱海お笑い大会があるというポスターを見つけ、そこからネタ作りを始めることに。

 

神谷の様子を見た徳永は、

 

「生きている限り、バッドエンドはない。僕たちはまだ途中だ。これから続きをやるのだ」

 

と思った。

 

また、徳永は神谷の自伝を書くために、いつものようにノートに出来事を書き続けていたのだ。

 

そんななか神谷は、不意に「おい、とんでもない漫才思いついたぞ」と、美しい乳房を揺らし続けて徳永に言った。

・・・・・・

 

↑『火花』のあらすじについてまとめておきました。

 

続いて、読者の感想についてもまとめておきますね^^

 

[ad#ad-4]

ラスト(結末)の衝撃・・・読者の感想・評価は?

ラストシーン(結末)の終わり方が秀逸だ」というコメントが多いように感じましたが、実際に呼んだ人はどんな感想を持っているんでしょうね?

 

 

はい、やはり芥川賞を受賞するぐらいですから、感想は高評価のものが多いようですね・・・

 

[ad#ad-5]

と思いましたが、意外と否定的な声も多いようで^^;↓

 

 

とくに、芸能人の方も批判する人が多いです・・・(和田アキ子・古舘伊知郎など)

 

特にAmazonでのレビューはひどいですね^^;w

 

芥川賞を受賞するということはすごいことなんですが、芥川賞の判断基準がはっきりしないだけに、今回は「話題作というのが影響して取れた賞」という色合いが強いのかもしれません。

 

『火花』のレビューを見ても、「作品としては芸人が書いたとは思えない」という感想が多い反面、「芥川賞をとるほどではない」という意見が多かったですね。

 

又吉さん自体が人気で売り上げが上がった影響で芥川賞が取れたというイメージは拭えませんかね・・・^^;w

 

[ad#ad-6]

印税価格はいくら?又吉ではなく吉本に流れる?

はい、やはり一番気になるのはこの話題ですよね?^^w

 

現在累計で100万部を超えているわけですから、印税は1億円を超えます^^;w

 

ただ、すべてが又吉さんに入るわけではなく、大部分は吉本興業に奪われてしまうかもしれない、とのことですw

 

吉本は給料をくれないことで有名ですからねw

 

なので、すべてが又吉さんにはいるなら1億5000万円、吉本に搾取されるなら5000万円といった感じでしょうかね^^;w

 

いずれにせよ、すごいですw

 

[ad#ad-7]

まとめ

ピース又吉直樹さんは今後もお笑い芸人・作家として活躍されていくでしょうから、これからにも期待がかかりますね!^^

 

じゃ、今回はこの辺で!最後に、芥川賞受賞直後のインタビュー動画でお別れしましょー!!!

 

ではでは^^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ