法月綸太郎 一の悲劇 動画再放送無料見逃しドラマネタバレあらすじ

今回の記事では、フジテレビ系列のドラマの見逃した分のオンエア内容を違法アップロードされた動画などではなく、無料で安全・公式に視聴する方法について詳しく解説していこうと思います。

この方法を既に知っているという人もいるかもしれませんね・・・今回紹介するビデオオンデマンドサービスを利用すれば動画を安心・安全に無料視聴できます!

フジテレビ系列のドラマを公式・安全で無料視聴可能なサイト

一度は聞いたことあるかもしれませんが、『フジテレビオンデマンド』というのは、動画配信・電子書籍配信・ライブ配信などを総合的に発信しているサービスで、PCはもちろん、iPHoneをはじめとしたスマートフォンやタブレットなどで、いつでもどこでも楽しめるものなんですね。

そのうえ、フジテレビ系列で配信されているドラマ・バラエティが1週間の間、無料配信されるということで至れり尽くせり!

最新の映画に関しても、某TS○TAYAさんなどのレンタルビデオ店でレンタル始まる前から見ることができるので、公開中に映画館に観に行けなくて見逃した映画を出来るだけ早く観たいという人にもオススメです。

また、オンエア後の最新の連続テレビドラマやバラエティ番組に関してもかなり早いタイミングで最新話がアップされていますから、録画を忘れてしまって見逃したドラマをすぐに見ることができるというのも便利なんですよ!

しかも、フジテレビが提供している公式の動画配信サイトですから、ウイルスや違法アップロードにおびえることなく安心して視聴できるのもポイントです!

フジテレビオンデマンドの公式サイトはこちら!

 

ドラマ『法月綸太郎 一の悲劇』 基本情報~放送日程・放送時間・キャスト(出演者)、主題歌、スタッフなど

  • 放送日程、オンエア時間・・・2016年9月23日、21時00分~23時22分
  • キャスト(出演者)・・・長谷川博己、矢田亜希子、モロ師岡、渡辺えり、伊原剛志、富田靖子、奥田瑛二 ほか
  • 原作、音楽、企画編成、プロデュース、演出、製作、製作著作、脚本・・・法月綸太郎「一の悲劇」(祥伝社文庫)、橋本しん、水野綾子(フジテレビ)・藤井修(フジテレビ)、小泉守・柿沼竹生、永山耕三(フジテレビ)、フジテレビ、トータルメディアコミュニケーション、関えり香

 

ドラマ『法月綸太郎 一の悲劇』の概要

物語は、とある住宅地で身代金目的の誘拐事件が勃発するところから始まる。ところが、身代金要求の脅迫は、誘拐された子供の家にではなく、その同級生の父親に向けられていた。連れ去るべき子供を間違えた悲劇的な誤認誘拐。結局、身代金の受け渡しは失敗し、少年は無残な姿となって発見されてしまう。劣悪非道な罪を犯した犯人は誰か?用意周到な誘拐計画にもかかわらず、なぜ誤認は起きたのか?やがて浮かんだ男には鉄壁のアリバイがあった。容疑者はなんと推理作家・法月綸太郎と共にいたのだ…。複雑に絡み合う人間関係、それぞれが抱える秘密、終始張りつめられた緊張感、二転三転し明らかにされるトリック…。傑作誘拐ミステリー「一の悲劇」は、20年以上前に発表された作品ながら、今現在でも書店では文庫が平積みとなっている人気作である。

 

 

ドラマ『法月綸太郎 一の悲劇』 ネタバレストーリー

とある住宅街で身代金目的の誘拐事件が勃発!不動産企業常務、山倉史朗(伊原剛志)の妻、和美(富田靖子)のもとにかかってきた身代金要求の脅迫。だが息子・隆史は自宅にいた。そこへ近所に住む冨沢路子(矢田亜希子)から電話が…誘拐された子供は隆史ではなく茂だった!連れ去るべき子供を間違えた誤認誘拐。史朗は身の代金受け渡しに向かうが、警察の存在をかぎつけられ、犯人との接触に失敗。結局、茂は無残な姿となって発見されてしまう…。

法月貞雄警視(奥田瑛二)のもと、久能晴路警部(モロ師岡)ら捜査一課は非道な犯人を探すべく、捜査本部を設置するが、捜査は難航を極める。用意周到な誘拐計画にもかかわらず、なぜ誤認は起きたのか?やがて車両の割り出しから、隆史の実父で和美の義弟・三浦靖史(波岡一喜)が容疑者として浮上。だが、三浦には鉄壁のアリバイが…なんと貞雄の息子で、推理作家である法月綸太郎(長谷川博己)とずっといたのだ…。

古今東西の犯罪やトリックの知識、鋭い推理力で父が抱える難事件の捜査に協力してきた綸太郎は、家政婦の小笠原花代(渡辺えり)に口を挟まれつつも、事件の解明に乗り出す。謎が謎を呼ぶ事件、さらなる関係者の殺人事件も勃発し…。複雑に絡み合う人間関係、それぞれが抱える秘密、終始張りつめられた緊張感、二転三転し明らかにされるトリック…。前代未聞の誤認誘拐事件を綸太郎が鮮やかに解き明かす!

フジテレビオンデマンドの公式サイトはこちら!

 

【関連記事】

サブコンテンツ

このページの先頭へ