東京裁判 NHKドラマ 再放送 動画見逃し無料視聴?

U-NEXT

今回の記事では、NHKスペシャルドラマ『東京裁判』の第4話のオンエア内容を、違法アップロードなどの方法ではなく、公式に視聴する方法について詳しく解説していこうと思います。

既にこの方法を知っているという人もいるかもしれませんね・・・今回紹介するビデオオンデマンドサービスを利用すれば、NHKスペシャルドラマ『東京裁判』の動画を安心・安全に視聴することができます!

NHKスペシャルドラマ『東京裁判』の動画を視聴可能な配信サービス

既にご存知の方も多いかもしれませんが、U-NEXTは日本最大級のビデオオンデマンドサービスであり、放送終了直後の最新ドラマや映画、アニメなど、多ジャンルの作品が、新作・旧作問わず充実している動画配信サービスになります。

そしてそのU-NEXTにて視聴できる作品数は、なんと12万本以上なんです・・・驚きですよね?^^;w

劇場公開終了直後の最新映画に関しても、某TSUT○YAさんなどのレンタルビデオショップでレンタル開始になる前から視聴することができますので、

映画館へ足を運ぶことができなくて、最新作を見逃してしまった人にオススメのサービスです。

さらにさらに、放送中の最新ドラマに関しても、オンエア終了直後のかなり早いタイミングで最新話がアップされていきますから、

録画を忘れてしまったり、学校や仕事で忙しくて見逃してしまったドラマを視聴できるというのもオススメポイントです!

そして、U-NEXTは登録してから31日間のお試し期間もあり、視聴することができますから、安心して利用を始められますよ!

U-NEXTの公式サイトはこちら!

 

NHKスペシャルドラマ『東京裁判』の基本情報

  • キャスト(出演者)・・・塚本晋也,マルセル・ヘンセマ,イルファン・カーン,マイケル・アイアンサイド,ジョナサン・ハイド,ポール・フリーマン
    司会、語り・・・三宅民夫,草笛光子・伊東敏恵

 

NHKスペシャルドラマ『東京裁判』のあらすじ

1946年の春。東京の帝国ホテルに戦勝国11か国の判事たちが集まった。日本の戦争指導者を裁く「東京裁判」を開くためだ。裁判の焦点になったのは、ナチスを裁くニュルンベルク裁判と同時に新しく制定された「平和に対する罪」。それまで国際法では合法とされていた「戦争」そのものを史上初めて犯罪とみなし、国家の指導者個人の責任を問う新しい罪の概念であった。この「平和に対する罪」を弁護側は事後法として否定する。判事室では各々の判事の意見が鋭く対立、最初は短期間で決着がつくと思われた裁判は、混迷と長期化の様相を見せてゆく。裁判の舞台裏の攻防に、日本滞在中の判事たちの私的な行動や、周辺に現われる人物の思惑が混じり合う。1948年の秋、ついに11人の判事たちは2年半に及んだ東京裁判の結論となる判決を出すべく、最後の評議の場に臨むのだった。被告たちの生と死が分かれる瞬間。それは、「人は戦争を裁けるか」という、人類の根源的な問いに答えが出されるときでもあった。

 

NHKスペシャルドラマ『東京裁判』の動画を見る方法

あなたは普段、連続ドラマや最新のバラエティ番組を見逃してしまった場合、どうしますか?

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しくて最新話を見逃してしまったりすることも多いと思います。

ネットで動画を検索すると、英語ばかりで見るからに怪しい海外のホームページにアップロードされている動画があったりしますが、

そういった違法アップロードの動画って、見ていて気分がよくありませんよね・・・しかもそういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりもするようです。

なのでもし、ドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』を安心・安全に視聴したい場合は

U-NEXTの31日間の見逃し配信キャンペーンを利用すれば、かなりお得に公式の配信動画を視聴することができるんですね!

ドラマを放送しているテレビ局が公認している公式の配信ですから、違法アップロードの動画なんかより、安心して視聴することができます!

さらに、U-NEXTに登録する際にポイントをもらえるんですが、そのポイントを他の最新映画を見るために利用する、なんてことも出来てしまいます。

上映終了直後の最新映画は、某TSUT○YAさんなどのレンタルビデオショップでレンタルして見ようと思っても、

レンタル開始時期は半年以上かかることもあり、一番見たいタイミングで見られないということがよくあります。

その点、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く見ることができますし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら!

※NHKドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTがオススメですよ^^U-NEXTの公式サイトはこちら!

 

NHKスペシャルドラマ『東京裁判』 第4話のネタバレ

1946年の春。東京の帝国ホテルに戦勝国11か国の判事たちが集まった。日本の戦争指導者を裁く「東京裁判」を開くためだ。裁判の焦点になったのは、ナチスを裁くニュルンベルク裁判と同時に新しく制定された「平和に対する罪」。それまで国際法では合法とされていた「戦争」そのものを史上初めて犯罪とみなし、国家の指導者個人の責任を問う新しい罪の概念であった。この「平和に対する罪」を弁護側は事後法として否定する。判事室では各々の判事の意見が鋭く対立、最初は短期間で決着がつくと思われた裁判は、混迷と長期化の様相を見せてゆく。裁判の舞台裏の攻防に、日本滞在中の判事たちの私的な行動や、周辺に現われる人物の思惑が混じり合う。1948年の秋、ついに11人の判事たちは2年半に及んだ東京裁判の結論となる判決を出すべく、最後の評議の場に臨むのだった。被告たちの生と死が分かれる瞬間。それは、「人は戦争を裁けるか」という、人類の根源的な問いに答えが出されるときでもあった。

U-NEXTの公式サイトはこちら!

 

【関連記事】

サブコンテンツ

このページの先頭へ