営業部長吉良奈津子動画10話11話無料再放送ネタバレFODプレミアムあらすじ

今回の記事では、松嶋菜々子さん主演ドラマ『営業部長 吉良奈津子』の第10話の放送をはじめとした、見逃した分のオンエア内容を違法アップロードされた動画などではなく、無料で安全・公式に視聴する方法について詳しく解説していこうと思います。

この方法を既に知っているという人もいるかもしれませんね・・・今回紹介するビデオオンデマンドサービスを利用すれば、ドラマ『営業部長 吉良奈津子』の動画を安心・安全に無料視聴できます!

ドラマ『営業部長 吉良奈津子』を公式・安全で無料視聴可能なサイト

[ad#ad-8]

 

ドラマ『営業部長 吉良奈津子』  第10話の基本情報~放送日程・放送時間・キャスト(出演者)、主題歌、スタッフなど

  • 放送日程、オンエア時間・・・2016年7月21日~2016年9月(未定)、毎週木曜日22時00分~22時54分
  • 第10話の放送日程、オンエア時間・・・2016年9月22日、22時00分~22時54分
  • キャスト(出演者)・・・松田龍平、白洲迅、DAIGO、伊藤歩、足立梨花、板尾創路、高木渉、松嶋菜々子、岡田義徳、中村アン、石丸幹二、原田泰造、松原智恵子、でんでん  ほか
  • 主題歌、チーフプロデューサー、演出、プロデューサー、製作著作、脚本・・・山下達郎「CHEER UP! THE SUMMER」(ワーナーミュージック・ジャパン)、牧野正(『ガリレオ』、『PRICELESS~あるわけねえだろ、んなもん!』、『独身貴族』)、河毛俊作(『ナニワ金融道シリーズ』、『極悪がんぼ』)、三竿玲子(『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』、『BOSS』)・金城綾香(『5→9~私に恋したお坊さん~』)、フジテレビ、井上由美子(『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』

 

ドラマ『営業部長 吉良奈津子』のあらすじ

女優の松嶋奈々子さん主演の木曜ドラマ『営業部長 吉良奈津子』は、広告代理店でかつて売れっ子クリエイティブディレクターをしていた吉良奈津子がヒロインを務めます・・・奈津子は40歳手前で結婚し、出産と育児による休暇を経験した後、3年ぶりに職場復帰したことをきっかけに、次から次へと勃発していくトラブルの数々に正面から向き合いながらも、仕事と家庭を両立させるために奮闘する日々を過ごしていきます。

合計で3年間ものブランクを経て職場に復帰できたのはいいものの、会社の業績不振や人員の入れ替わりなどで状況はどんどん状況は変わっていき、新しく配属された部署もクリエイティブな仕事ではなく営業ばかりでした・・・昔、自分が活躍していた頃の職場に戻りたい、と奈津子は要望を出しましたが、常務からは「3年も現場を離れた人間を受け入れる土壌は既にない」と、冷たい答えのみが返ってくるだけでしたが、「あなたの頑張り次第で、元いたような現場に戻れる可能性も無いわけではない」と、少し含みを持たせるようなことも言われ、奈津子は今の状況を受け入れて営業職に戻ることにするのでした・・・しかし、そこにいたのは全く奈津子のことを信頼しようとしない、クセの強い部下ばかりだったのです・・・。

奈津子は、いま自分が勤めている会社での仕事が忙しくなればなるほど家族に対する不満や負担が増えていき、仕事と家庭の板ばさみになり、徐々に悩みが増えていくことになるのでした・・・姑は口うるさいし、姑の手は借りたくないとベビーシッターを雇うことにしますが、そのベビーシッターの存在が幸せな家庭を崩壊させるきっかけになってしまうことになるとは、このときの奈津子は夢にも思っていなかったのです・・・職場ではかつて持っていた希望・自信をすべて打ち砕かれて挫折を経験し、やがて夫との間に大きな溝ができはじめ、家庭も危機的状況になっていくのでした・・・はたして奈津子はこの状況をどう打開していくのでしょうか・・・?

 

[ad#ad-20]

 

ドラマ『営業部長 吉良奈津子』 第10話のネタバレストーリー

「シティドリンク」のコンペ当日に臨時の役員会が開かれ、そこで東邦広告の合併が決定するという情報に吉良奈津子(松嶋菜々子)は困惑する。

そんな奈津子は、ついに小山浩太郎(原田泰造)と向き合うことに。気まずい雰囲気が漂うなか、浩太郎は坂部深雪(伊藤歩)との件を説明すると、ごめんと言って、頭を下げた。それを聞いた奈津子は、きっぱり忘れて前を向こうとは思えない、と心情を吐露。さらに、浩太郎が予想もしなかったことを告げた。

別の日、出社した奈津子は、斎藤良一(石丸幹二)の元へ出向き、営業開発部がコンペに勝ちノルマを達成したら、廃部撤回を社長に進言するという約束を守ってくれ、と念を押す。斎藤は、すべては取締役会で決まることだから、直接そこに乗り込んで社長に直談判したらどうだ、と揶揄するように言う。

困った奈津子は、高木啓介(松田龍平)を訪ね、コンペで戦いに挑むより、部員たちの再就職先を探すのが部長としての自分の仕事なのかもしれない、と弱気な発言をする。そんな奈津子に高木は怒りをあらわにする。

プレゼンが迫るなか、米田利雄(板尾創路)、川原義雄(岡田義徳)、今西朋美(中村アン)、神崎あすか(足立梨花)、丸尾裕人(白洲 迅)、郷 貴志(高木 渉)ら営業開発部員は、一丸となって準備に奔走していた。そんな部員たちを見た奈津子は…。

[ad#ad-10]

 

【吉良奈津子の関連記事】

サブコンテンツ

このページの先頭へ