仰げば尊し 動画 第1話 DVD見逃しU-NEXT配信フル視聴ネタバレ!

今回の記事では、ドラマ『仰げば尊し』の第1話のオンエアをはじめとした見逃した分の動画を、違法アップロードなどではなく、安心・安全に視聴する方法について詳しく解説していこうと思います。

既にこの方法を知っているという人もいるかもしれませんね・・・今回紹介するビデオオンデマンドサービスを利用すれば、DVDを待つよりも早く、そして簡単にドラマ『仰げば尊し』の動画を安心して公式に視聴することができるようになります!

ドラマ『仰げば尊し』を公式で視聴可能なサイト

[ad#ad-11-2]

 

ドラマ『仰げば尊し』  基本情報~放送日程・放送時間、キャスト(出演者)、主題歌、スタッフなど

  • 放送期間・・・2016年7月17日~2016年9月11日(予定)、 21時00分~21時54分(毎週日曜日)
  • キャスト(出演者)・・・太賀、矢本 悠馬、真剣佑、佐野 岳、村上 虹郎、寺尾 聰、健太郎、石坂浩二、石井 杏奈(E-girls)、多部 未華子、升毅、 尾美 としのり、北村 匠海(DISH//) ほか
  • 原案、音楽、監督、脚本・・・『ブラバンキッズ ラプソディー』『ブラバンキッズ オデッセイ』(石川高子 著/三五館 刊)、高見優 、平川雄一朗、いずみ吉紘

 

ドラマ『仰げば尊し』のあらすじ

それは、とある日の出来事でした・・・横須賀埠頭近くにある公園にて、初老の男の指揮によって少年少女らが演奏する吹奏楽の音が鳴り響いていたのです・・・そっと優しく声をかけながらも情熱的に指導している樋熊(寺尾聰)のことを、美崎高校・校長の小田桐(石坂浩二)は興味深そうに見つめていたのです。

小田桐は定年までの残り1年間、問題が頻繁に勃発している美崎高校の生徒たちと向き合い、できるだけ良い形で高校生活を送らせてあげたいと切に望んでいたのです・・・そこで、「今まで子どもたちの目線に合わせて接してきただろうか?」と自問自答を繰り返して過ごしていました。

ちょうどそれと同じタイミングで、樋熊のような人を学校に迎え入れてイチから指導を見直そうと思い、樋熊に「美崎高校へ来て欲しい」と頼み込むことにしたのです・・・その話を聞いた樋熊の娘・奈津紀(多部未華子)は猛烈に反対していましたが、小田桐の熱意に心を動かされた樋熊は、軽い気持ちで美崎高校を訪ねてみることにしたのでした・・・。

するとそこでは、不良グループの青島裕人(村上虹郎)、桑田勇治(佐野岳)、木藤良蓮(真剣佑)、安保圭太(北村匠海)、高杢金也(太賀)たちとの偶然の出会いがありました・・・樋熊は自分たちの好き勝手にふるまう彼らの態度を直そうとしましたが、青島たちは樋熊のことをまったく相手にせず「ここじゃ、俺たちが法律だ」と言って、大人のことを完全になめ切った態度でした。

やんちゃな彼らと触れあった樋熊は、美崎高校にいる生徒たちと向き合うことを心に堅く誓することにしました・・・全校生徒の前でプロのサックス奏者だったと紹介された樋熊は、「今という時間をもっと大切にして夢中で生きてみませんか」と呼びかけることに・・・。

そして、学校で吹奏楽部の部長をしている有馬渚(石井杏奈)は、そんな樋熊の言葉に感銘を受け、樋熊のもと向かって彼に頭を下げて「吹奏楽部の顧問になってください」と懇願・・・ほどなくして、部活が始まりますが・・・?

 

ドラマ『仰げば尊し』を安全に見る方法

[ad#ad-12]

なのでもし、ドラマ『仰げば尊し』を安心・安全に視聴したい場合は

[ad#ad-13-2]

 

[ad#ad-14]

 

[ad#ad-23]

ビデオオンデマンドサービス プチまとめ

というわけで、FOD(フジテレビオンデマンド)・Hulu・U-NEXTなど、ビデオオンデマンドサービスは各種ありますが、ドラマ『仰げば尊し』の動画はU-NEXTでしか見られないとわかりますね!^^

DVDがリリースされるのを待つよりも早く視聴することができますし、ドラマ『仰げば尊し』の見逃した放送を動画視聴したい方はこちらのU-NEXT公式サイトから是非どうぞ[ad#ad-15]

 

ドラマ『仰げば尊し』 第1話のネタバレ

ある日の横須賀埠頭近くの公園、初老の男の指揮により、少年少女らによるブラスバンドの音が鳴り響く。「やさしく、丁寧に…」と声をかけながら、それでいて情熱的に指導する樋熊(寺尾聰)を興味深く見つめる美崎高校・校長の小田桐(石坂浩二)。定年まで最後の1年、問題の多い美崎高校の生徒と向き合い、よい形で高校生活を送らせてあげたいと切に願っていた小田桐は「今まで子どもたちの目線に合わせて接してきただろうか?」と感じていた。そんな時、樋熊のような人間を学校に迎え、一から指導を見直そうという決意により、美崎高校へ来て欲しいと樋熊へ頼み込む。

その話を聞いた樋熊の娘、奈津紀(多部未華子)は父に反対するが、小田桐の熱意に押された樋熊は、ちょっと覗くような気持ちで美崎高校を訪ねる。すると、ひょんなことから不良グループの青島裕人(村上虹郎)と木藤良蓮(真剣佑)、安保圭太(北村匠海)、高杢金也(太賀)、桑田勇治(佐野岳)と出会った。好き勝手にふるまう彼らの態度を諭そうとする樋熊だが、青島らはまったく相手にせず「ここじゃ、俺たちが法律だ」と、完全に大人をなめ切った態度だ。

そんな彼らに触れた樋熊は、ここ美崎高校で生徒たちと向き合うことを決心。全校生徒の前で元プロのサックス奏者だったと紹介された樋熊は「もっと今という時間を大切にして夢中で生きてみませんか?」と呼びかけた。そんな樋熊の言葉に心を動かされた吹奏楽部の部長、有馬渚(石井杏奈)は、吹奏楽部の顧問になってほしいと頭を下げる。

ほどなく、樋熊の指導による部活が始まるが…。

[ad#ad-15]

 

【関連記事】

サブコンテンツ

このページの先頭へ