ノンママ白書 動画 最終回再放送見逃し無料視聴ネタバレFODあらすじ

今回の記事では、ドラマ『ノンママ白書』の最終回をはじめとした、見逃した分のオンエア内容を違法アップロードの動画などではなく、無料で公式に視聴する方法について詳しく解説していこうと思います。

既にこの方法を知っているという人もいるかもしれませんね・・・今回紹介する、とあるビデオオンデマンドサービスを利用すれば、ドラマ『ノンママ白書』の最終回の再放送動画を安心・安全に無料視聴できます!

ドラマ『ノンママ白書』を公式で無料視聴可能なサイト

[ad#ad-8]

 

ドラマ『ノンママ白書』 の放送日程・放送時間

  • 放送期間・・・2016年8月13日~、毎週土曜日・23時40分~
  • 最終回の放送日程、放送時間・・・2016年9月24日、23時40分~

 

ドラマ『ノンママ白書』のあらすじ

土井玲子(鈴木保奈美)は東京の中堅広告代理店勤務であり、クリエイティブ畑で活躍している、49歳のバツイチ、子無し・・・男女雇用機会均等法が施行されたばかりの1989年入社組であり、いわゆるコキン法第一世代なのです・・・「コキン法と共に男性社会で生きてきた」と言っても過言ではないくらい・・・。

国や世間からも「女性が男性と肩を並べて働ける時代になった」と背中を押された勢いで社会に飛び込んだのはいいものの、長い歴史ある男性社会の中で、冷たい目や理不尽な仕打ちに耐えながら、死に物狂いで生きてきました。

女性も会社にとって必要不可欠な存在だとだんだんと認識されるようになって、大きなプロジェクトも任されるようになっていくのでした・・・20代30代のすべてを無我夢中で生きてきた土井・・・しかし、その結果、当時は仕事も出産も両方選べる時代では無く、仕事か出産か二者択一の時代だったので、土井は子どもを生むことが出来なかったのです。

時代は急に移り変わり、少子化ストップの波が押し寄せてくることに・・・「女性は仕事もしながら、子どもを産んで育てなさい」という風潮に国や世間は様変わりしていきました・・・つまり、ワーママ(ワーキングマザー)推進の強風が吹いてきたのです。

土井のようなノンママ(子供を産まない選択をした女性)は、世間では肩身の狭い想いをしながら生きています・・・が、それにも関わらず、国は「女性管理職を作れ」と更に勝手なことを言い出すのでした・・・そのモデルタイプはもちろんコキン法第一世代の女性たち。

マタハラ・子無しハラスメント・逆パワハラなどなど、次から次へと新しい問題が生まれていくなかで、未だ解決策が見つからない社会で、下からは突き上げられ上からは抑えられ男性からは煙たがられ女性からは敵視される会社内での生活を送る土井・・・。

そんな四面楚歌の毎日のなかで、それでも土井は働いて、孤独と闘って、思い悩み、そして恋もしているのです・・・同世代女性も、今20代・30代の女性も、苦しいけれど会社で働き続けているアラフィフヒロイン・土井玲子に、必ず共感すること間違いなし!!!

 

[ad#ad-100]

 

ドラマ『ノンママ白書』 最終回のネタバレ

いつものバーへ大野(菊池桃子)から呼び出された土井(鈴木保奈美)と葉山(渡辺真起子)。

「二人に見届けてほしい」と言う大野のもとへ婚活・佐藤(近藤芳正)がやってくる。

大野は、寂しさからつい最近まで不倫を続けていたこと、もう関係を清算したことを佐藤に打ち明けた上で「佐藤さんと付き合っていきたい」と告白するのだった。

そんな大野に佐藤は、心の底に横たわるある想いを語り始める…。

葉山も離婚を決断し、それぞれが抱えていた問題に決着をつけた大野と葉山。

「土井も本城のこと、決断しないと」と二人に促された土井は、一つの決意を固める。

そんな矢先、ワーママ野村(内山理名)の時短勤務のしわ寄せからくる過労が原因でルナ(堀田茜)が倒れるという不測の事態が起こってしまう!

野村への不満がピークとなり、直接、野村を非難し始める部員たち。

だが、野村は「時短は正当な権利。マタハラですか?!」と反論する。

そんな野村の態度にキレた部員たちは「子供が出来たら家にいろ!」と暴言を吐き始める。

張り詰めた空気の中、溜まりに溜まった感情を抑えきれなくなった土井は、ついに――。

数日後、野村を呼び出した土井は、本城から一緒に独立しようと誘われていることを打ち明ける。

今まで本音で語り合うことがなかった野村に対し、土井は誰にも言えなかった辛い過去について野村に話し始めた――。

ワーママ・野村に伝えたかったノンママ・土井の真意とは?

そして、未来を考え、人生を決断した土井が出した答えとは?!

[ad#ad-10]

 

【関連記事】

サブコンテンツ

このページの先頭へ