シェフ~三ツ星の給食~3話4話無料再放送見逃しドラマFODプレミアム

[ad#ad-44]

今回の記事では、ドラマ『シェフ~三ツ星の給食~』の第3話・第4話の見逃してしまった分の動画を違法アップロードなどの方法ではなく、無料で公式に視聴する方法について詳しく解説していこうと思います。

既にこの方法を知っているという人もいるかもしれませんね・・・今回紹介する、FOD(フジテレビオンデマンド)というビデオオンデマンドサービスを利用すれば、ドラマ『シェフ~三ツ星の給食~』の動画を安心・安全に無料視聴できます!

ドラマ『シェフ~三ツ星の給食~』の再放送動画を公式で無料視聴可能なサイト

[ad#ad-8]

 

ドラマ『シェフ~三ツ星の給食~』 第3話・第4話の放送日程・放送時間、スタッフ、主題歌、キャスト(出演者)情報など~

  • 放送時間、放送期間・・・毎週木曜日22時00分~22時54(54分)、2016年10月13日~
  • 制作局、演出、脚本、プロデューサー、主題歌・・・フジテレビ、平野眞・田中亮・森脇智延、浜田秀哉、高田雄貴・長部聡介
    出演者(キャスト)・・・天海祐希、荒川良々、池田成志、市川しんぺー、友近、遠藤憲一、春風ひとみ、伊藤修子、豊原功補、堀口ひかる、小泉孝太郎、川口春奈、遠藤憲一

 

ドラマ『シェフ~三ツ星の給食~』のあらすじ

完全オリジナル脚本の『Chef~三ツ星の給食~』の主人公は、日本だけでなく世界中から注目される三ツ星レストランの天才女性シェフ・星野光子(ほしの・みつこ)。男性社会ともいわれる料理の世界で、厳しい修業時代を強靱(きょうじん)な体力とタフなメンタルで乗り切り、パリの名だたるフレンチレストランで修行し、数々の有名コンクールで優勝。帰国後は、銀座の有名フレンチレストラン「La Cuisine de La reine(ラ・キュイジーヌ・ドゥ・ラ・レーヌ)」の総料理長に就任しました。繊細な味覚と他の追随を許さない創造性で次々と新たなレシピを生み出し、世界有数のトップシェフまで上り詰め、「La Cuisine de La reine」は三ツ星を獲得。メディアにも度々取り上げられ、最近ではテレビ番組でコメンテーターも務めるスター的存在に。そんな光子の料理を求めて世界中のグルメが店に訪れ、予約は3年待ち。自分の料理に絶対の自信を持つ光子は“自分の料理を残す客など世界に存在しない”とすら思っていました。
しかし、ある日、彼女はレストランのオーナーとトラブルを起こしクビになってしまいます。その後、オーナーの妨害と高すぎるプライドが災いしてなかなか新しい店が見つからない中、テレビ番組の企画でなんと“学校給食”を作ることに。世界最高の料理を作ってきた彼女にとっては簡単なことと思いきや、栄養・経費・味覚の違いなど、多くの壁にぶつかり失敗続きに。しかも、その過程をテレビで放送されてしまい世間の知るところとなります。それでもここで挫折する光子ではありません。子どもたちに「美味しい」と言ってもらうため、さらには失った星を取り戻すため、天才シェフの給食作りが始まります。

 

[ad#ad-9-15]

 

[ad#ad-23-1]

ドラマ『Chef~三ツ星の給食~』の見逃してしまった分の放送の動画を視聴したいのであれば、フジテレビオンデマンド(FOD)がオススメです^^[ad#ad-10]

 

ドラマ『シェフ』 第3話のネタバレあらすじ【2016年10月27日】

自分が作った給食よりも、コンビニの唐揚げ「ウマチキ」の方が「美味しい」と言われショックを受けた光子(天海祐希)は、子供たちに自分が作った給食を「最高に美味しい」と言わせるまで学校に残ると決断。それを聞いた荒木(遠藤憲一)や晴子(川口春奈)らは、光子の料理にかけるプライドに驚きを隠せない。

同じ頃、光子を訪ねてフランスのファッションブランド「ミッシェル・ブランショ」の金沢(西村和彦)がやってくる。店舗の最上階にオープンするフレンチレストランのシェフへのオファーは断られたが、光子以上のシェフはいないと熱望する社長が、3ヵ月間待つと言っているという。光子は、そんなに待たせるつもりはない、と断言する。

そうはいっても、給食作りでの苦戦は続いていた。その様子を映したテレビ番組は、相変わらず人気で、篠田(小泉孝太郎)も光子の動向を気にしていた。番組プロデューサーの早紀(友近)は、視聴者は光子のさらなる悪戦苦闘が見たいのだ、と不敵な笑みをもらす。

そんな折、親子で一緒に給食を食べる学校行事が行われることになり、メインがナポリタンだと発表された。どうしたら同じ料理、同じ味付けで、親子ともに「最高に美味しい」と言わせることができるのか。光子はアイデアを巡らせる。ところが、小松(荒川良々)から、子供向けに作ったものを最後に大人向けに調味するのだ、と聞かされ不快感を示す。今まで同じ料理で味付けを変えたことはないという光子は、自分なら全く同じ味付けのナポリタンで、大人にも子供にも「最高に美味しい」と言わせる自信がある、と胸を張る。

[ad#ad-10]

 

【関連記事】

サブコンテンツ

このページの先頭へ