ガリレオ動画シーズン1最終回10話再放送見逃しドラマ無料視聴FODフル

今回の記事では、『ガリレオ2007(シーズン1)』の最終回(第10話)の見逃したオンエア内容を違法アップロードなどの方法ではなく、無料で公式に視聴する方法について詳しく解説していこうと思います。

既にこの方法を知っているという人もいるかもしれませんね・・・今回紹介する、とある動画配信サービスを利用すれば、『ガリレオ2007(シーズン1)』の動画を安心・安全に無料視聴できます!

[ad#ad-35-10]

 

『ガリレオ2007(シーズン1)』のあらすじ

原作のシリーズでは、大学時代からの親友、草薙刑事とのコンビが中心だが、やはりドラマ化するにあたっては、ドラマらしい華やかさとストーリー的な広がりもほしいところ。そのため、原作者の東野圭吾氏にも相談し、ドラマでは、湯川は女性とコンビを組んで行動することになった。湯川の相棒として白羽の矢が立ったのは、新人女性刑事、内海薫。やや設定は異なるが、原作では、まだ単行本化されていないシリーズ最新作(※)に登場する人物で、論理よりも感情を優先する、理系の苦手な熱血漢。事件の動機や犯人の心情にはまったく興味を示さず、事件のからくりを解明することだけに意欲を燃やすガリレオとは、対極に位置するキャラクターだ。ドラマでは、自身の異動に伴い後任を紹介する、という形で、草薙がふたりを引き合わせる。

この新人刑事・内海を演じるのが、ドラマはもちろん映画にCMにと、近年ますます活躍の場を広げ、今や同世代の若手女優の中でも注目度ナンバーワンの柴咲コウ。今回は、これまであまり演じたことのない、直情的で、正義感に燃える熱血漢という役柄に挑戦する。

水と油のような性格の湯川と内海が繰り広げる、軽妙かつどこかちぐはぐな掛け合いは、このドラマの大きなみどころのひとつ。今回は、福山、柴咲ともに、これまで演じたことのないようなキャラクターに挑戦する。それによって、ふたりがそれぞれみせる新たな一面の化学反応が、作品に大いなる魅力と力を与えてくれるにちがいない。

 

[ad#ad-9-11]

 

『ガリレオ2007(シーズン1)』 最終回(第10話)のネタバレ

湯川(福山雅治)は、かつての恩師・木島(久米宏)を訪ねた。草薙(北村一輝)からの連絡で、自然公園で発見された射殺体と、龍仁湖で起きた爆死事件の被害者がいずれも木島の会社の社員であることを知った湯川は、事件のことを切り出す。湯川は、どちらの事件の被害者も放射線被爆していたことから、中性子を100%反射する幻の合金の研究をいまでも続けているのではないか、と木島に問いかけた。それは軍事利用も可能な素材で、湯川は、木島が帝都大の教授だったころ、彼の下でその研究をしていたのだ。同じころ、湯川研究室を訪ねた薫(柴咲コウ)は、栗林(渡辺いっけい)から、湯川と木島の関係を教えられる。栗林は、木島が大学を解雇されたのはおそらく湯川の告発によるものだ、と告げると、これ以上湯川は木島に関わるべきではない、と薫に訴えた。その話にショックを受けた薫は、湯川からの電話にも出ようとはせず、弓削(品川祐)とともに木島の会社を洗い直す。その夜、薫の元に湯川がやってくる。電話に出ない理由を問われた薫は、湯川に迷惑をかけたことを反省した、と答え、その場から立ち去ろうとする。それに対して湯川は、これ以上薫には関わらない、としながらも、今回の事件の謎は自分の手で解明する、と宣言する。ところがその翌日、木島の秘書・京子(本上まなみ)が、ふたつの事件は自分の犯行だという遺書を残して自殺する。薫は、その死に疑問を抱くが…。

[ad#ad-10]

 

【関連記事】

[ad#ad-31]

サブコンテンツ

このページの先頭へ