はじめまして愛しています動画第7話無料再放送U-NEXTフル視聴配信!

今回の記事では、ドラマ『はじめまして、愛しています』の第7話のオンエアをはじめとした、見逃した分のドラマの放送内容を違法アップロードの動画などではなく、無料で公式に視聴する方法について詳しく解説していこうと思います。

既にこの方法を知っているという人もいるかもしれませんね・・・今回紹介するビデオオンデマンドサービスを利用すれば、ドラマ『はじめまして愛しています』の再放送動画を安心・安全に無料視聴できます!

ドラマ『初めまして 愛しています』の放送を公式で無料視聴可能なサイト

[ad#ad-11]

 

ドラマ『はじめまして 愛しています』  基本情報~放送日程・放送時間、キャスト(出演者)、主題歌、スタッフなど

  • 放送期間・・・2016年7月14日~2016年9月13日、毎週木曜21時00分~21時54分
  • 第7話、第8話のオンエア日程、放送時間・・・2016年8月25日・9月1日、21時00分~21時54分
  • キャスト(出演者)・・・尾野真千子、藤竜也、余貴美子、坂井真紀、速水もこみち、江口洋介 ほか
  • 音楽、監督、脚本、プロデューサー、主題歌、ゼネラルプロデューサー・・・平井真美子、片山修(テレビ朝日)、遊川和彦、太田雅晴(5年D組)・山田兼司(テレビ朝日)、槇原敬之『理由』(Buppu Label)、黒田徹也(テレビ朝日)

 

ドラマ『はじめまして 愛しています』のあらすじ

ドラマの主人公・梅田美奈(尾野真千子)は自宅を改装してピアノ教室を開いていましたが、とある日のこと、彼女のもとに新しい生徒が母親と一緒に訪れてやってくることに・・・しかし、子どもの様子を見たところ、特別音楽を好きではなさそうと美奈は感じて、「好きでもない子供に無理やりやらせても上達しない」と言い放ち、子どもの興味を引くための努力など一切せずにあっさりとレッスンを終わらせてしまうのでした。

その子の母親はせっかく期待をして向かったのに裏切られた思いをして、「有名指揮者の娘だって聞いたからわざわざ来たのに」という捨て台詞を美奈に吐いて、怒りながら子どもと一緒に帰ってしまうのでした・・・美奈はそれに対して一切反論せずに、ただ頭だけを下げて親子を見送り、そのまま急いでトイレへ駆け込んでいきました・・・。

「ああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

誰も知りませんでしたが、便器に向かってその日溜まったストレスを吐き出すのが美奈の日課でした・・・その日の晩、美奈は帰宅した夫の信次(江口洋介)から、ゴミ箱をあさるなど不審な行動をする生き物が家の近くで出没しているという噂話を聞かされることに・・・その正体が、変質者なのか危険な動物なのか判断はつかないといいますが、美奈はそんなことに構っていられませんでした・・・美奈は近々開催されるというピアノの国際コンクールのことで頭がいっぱいだったのです。

美奈は、そのコンクールで入賞するのが10代の学生の頃からの長年の夢だったのですが、35歳になるまで美奈は49連敗中で、そのコンクールは年齢制限もあるのでそのコンクールに出場するのは今回の出場で最後にしようと決めていたのです・・・そして、そんな美奈がピアノの練習をしている真っ最中の出来事、夫が話していた謎の生き物が美奈の自宅の庭に侵入してくることに・・・美奈が恐る恐る、茂みに隠れたその生物の正体をよくみて確かめてみると、なんとそれは小さい男の子でしたt!

その幼い男の子は、着ている服も体も汚くよごれきっていて、顔は無表情で何もしゃべらないので素性については何一つ分からないままでしたが、美奈がその子にドーナっツを差し出してあげると、むさぼって食べていた様子から、食べ物をしばらく食べていないのだろう、ということだけは分かりました・・・その後、その男の子は親からひどい虐待を受けていたことが発覚し、その子の親は一カ月以上もの間、身元が確認できないことから、その男の子は養護施設に入ることになりそうだということもわかりました・・・。

それから数日たったある日のこと、どうしてかその男の子が梅田家の庭にふたたび姿を現すことになりました・・・今回も、その子どもは何も喋らないで、名前すらも分からない状態でしたが、その子が二度も自分の家にやってきたことに運命のようなものを感じた美奈の夫は、特別養子縁組をしようと考え始めて・・・?

 

ドラマ『はじめまして 、愛しています』を無料・安全に見る方法

[ad#ad-12]

なのでもし、ドラマ『はじめまして 愛しています』を安心・安全に無料で視聴したい場合は

[ad#ad-13]

 

[ad#ad-14]

 

ドラマ『はじめまして 愛しています』 第7話のネタバレ

梅田家に突然現れた黒川月子(富田靖子)は、美奈(尾野真千子)や信次(江口洋介)に断りもなく、いきなりハジメ(横山歩)を連れて帰ろうとする。美奈は混乱しつつも驚くハジメをかばいながら正々堂々と抗議。堂本真知(余貴美子)も手続き上の問題があるとして、月子の身勝手な振る舞いを押し留める。しかし、月子はハジメの出生届を提示すると、虐待の理由も告げずに速やかな引き取りを要求する…!

特別養子縁組制度では実の親が子どもを手放すことを拒否した場合、申請中の里親に抵抗するすべはない。美奈たちにとって唯一の望みは、実母による虐待の再発が危険視され、児童福祉法28条が適用された場合のみだ。ただし、その場合も、実名の判明に伴い二人が授けたハジメという名前は使えなくなってしまうという。

以来、美奈と信次にはただ祈るだけの日々が続く。ハジメが学校に入ったら、恋をしたら、結婚したら…ハジメの将来を想像し、親として成長を見届けたいと強く願う美奈と信次。そして、そんな二人の子どもでいられると信じているハジメ。果たして、3人にどんな運命が待ち受けているのか…

[ad#ad-15]

 

【関連記事】

サブコンテンツ

このページの先頭へ