とと姉ちゃん 動画 155話9月30日再放送フルU-NEXTネタバレあらすじ

今回の記事では、ドラマ『とと姉ちゃん』の第155話(2016年9月30日)のオンエア内容を、違法アップロードなどの方法ではなく、公式に視聴する方法について詳しく解説していこうと思います。

既にこの方法を知っているという人もいるかもしれませんね・・・今回紹介するビデオオンデマンドサービスを利用すれば、NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』の動画を安心・安全に視聴することができます!

朝ドラ『とと姉ちゃん』の動画を視聴可能な配信サービス

[ad#ad-11-1]

 

朝ドラ『とと姉ちゃん』 の基本情報

  • 制作局、製作総指揮、プロデューサー、脚本、ナレーター、主題歌(オープニング)、演出・・・日本放送協会(NHK)、落合将(制作統括)、盆子原誠、西田征史(作)、檀ふみ(語り)、宇多田ヒカル「花束を君に」、岡田健・大原拓
  • 出演者(キャスト)・・・高畑充希、平岩紙、山口智充、坂口健太郎、川栄李奈、浜野謙太、伊藤淳史、向井理、真野恵里菜、秋野暢子、片岡鶴太郎、大地真央、西島秀俊、志田未来、木村多江、阿部純子、相楽樹、杉咲花、佐藤仁美、上杉柊平、石丸幹二、唐沢寿明、古田新太、及川光博、ピエール瀧

 

朝ドラ『とと姉ちゃん』のあらすじ

昭和5年。戦前の静岡県遠州。繊維のまちで育った主人公・小橋常子(10)は三人姉妹の長女。染物工場の営業部長で子ども思いの父と優しい母を茶目っけたっぷりに「とと」「かか」と呼びながら、鞠子(まりこ)(9)と美子(よしこ)(4)という二人の妹の面倒をみるしっかりものの娘。

経済的に不自由なく幸福な生活を送っていた常子たちだったが、父・竹蔵が結核にかかったことで生活は一変する。死の間際、竹蔵は常子だけを呼び寄せ「ととのいなくなったあとは、常子が自分の代わりに家族を守ってほしい」と遺言。常子はその言葉を胸に、二人の幼い妹と、母を守って生きていこうと、胸に誓う―。

そんな遠州での生活も、染物工場からの援助が閉ざされたことで、たち行かなくなり、母・君子(きみこ)は、仲違いしている東京・深川の母(三姉妹の祖母)に頭を下げて一家で上京することを決意。東京で待っていた祖母・滝子(たきこ)の援助を受けながら、三姉妹と君子は激動の時代を懸命に生きていく。

やがて常子は女学校を卒業、小さな出版社に入り、編集作業を学ぶことになる。

昭和20年終戦。東京は焼け野が原になり、常子は戦争で犠牲になるしかなかった子どもたちや女性たちに思いをはせる。「女のひとたちが幸せな暮らしを送れなかったら、そんな世の中は駄目だ。私に唯一できること、妹たちと雑誌をつくって、事業を起こそう」と、常子は二人の妹たちと一冊の雑誌をつくることを決意する。だが、素人の彼女たちは具体的に何をどうやって雑誌をつくっていくのか全くわからない。そんなとき、常子たちの前に一人の男が現れる。のちに天才編集者と呼ばれる花山伊佐次だった。

常子たち三姉妹と、花山の出会いが戦後一世をふうびする生活総合月刊誌『あなたの暮し』を誕生させることになる・・・。

 

ドラマ『とと姉ちゃん』の動画を見る方法

[ad#ad-12]

なのでもし、ドラマ『とと姉ちゃん』を安心・安全に視聴したい場合は

[ad#ad-13-1]

[ad#ad-23]

※朝ドラ『とと姉ちゃん』の動画を視聴したい場合は、U-NEXT一択です^^[ad#ad-15]

 

朝ドラ『とと姉ちゃん』 最終週(第151話~第156話)のネタバレ

働く女性に役立つよう、『あなたの暮し』の内容も職場の環境も変えていくと、常子(高畑充希)は社員とテスターの前で宣言する。一方、花山も新しい企画を始めようと、一人広島へ向かう。音信不通のまま数日が過ぎた頃、取材帰りに花山が倒れたという連絡が編集部に入る。急いで病院へ向かう常子たち。聞くと、市井の人々に戦争中の暮らしの様子を取材して回り、記録していたのだという。体調不良を押して取材を続けようとする花山を見て、妻・三枝子(奥貫薫)や娘の茜(水谷果穂)は止めようと必死。生涯編集者でありたいと願う花山の気持ちが痛いほど分かる常子は、ある提案を持ちかけることに…。

[ad#ad-15]

 

【関連記事】

[ad#ad-31]

サブコンテンツ

このページの先頭へ